ホーム > 後期臨床研修医・専修医

後期臨床研修医・専修医

<平成30年度採用 昭和大学医学部後期臨床研修医・専修医募集要項>



【研修施設】
昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院・昭和大学藤が丘病院・昭和大学藤が丘リハビリテーション病院・昭和大学横浜市北部病院・昭和大学江東豊洲病院・昭和大学附属烏山病院
 【募集診療科】
内科・小児科・皮膚科・精神神経科・外科・整形外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科
泌尿器科・脳神経外科・放射線科・麻酔科・臨床病理診断科・救急医学科・形成外科
リハビリテーション科・総合内科(ER)・総合診療科
 

 


【受付期間】

 平成30年度採用につきましては日本専門医機構のスケジュールが決まり次第お知らせ致します。

*平成29年度後期臨床研修医・専修医希望者につきましては随時受付致しますので卒後臨床研修センター後期臨床研修医・専修医係までご連絡をお願い致します。


【Webエントリー】
ホームページのWebエントリーを入力して下さい。
その後、提出書類を受付期間内に郵送等で提出して正式応募となります。

Webエントリーはこちらから

【提出書類】
1)履歴書(臨床研修センター指定)
2)返信用封筒(角形2号封筒に120円切手貼付、氏名、送付先記入)
3)医師免許証(写:A4サイズに縮小)
4)臨床研修修了証明書または臨床研修修了見込証明書(本学臨床研修課程履修者は不要)
5)外国人の方は以下のうち、いずれかの提出が必要
「(外国人)登録原票記載事項証明書」、「外国人登録証明書の写し」、「パスポートの写し」
 
【選考期間及び選考場所】

  平成30年度採用につきましては日本専門医機構のスケジュールが決まり次第お知らせ致します。


 
【選考内容】

 平成30年度採用につきましては日本専門医機構のスケジュールが決まり次第お知らせ致します。



【選考結果通知期間】

 
平成30年度採用につきましては日本専門医機構のスケジュールが決まり次第お知らせ致します。



【処遇】
研修期間:3年~5年
 
身分:助教(医科)または助教として採用

(1)給与 初年次 約34万円(住居手当、宿日直手当、時間外診療手当を含む)
  年収約430万円(見込み)
(2)通勤交通費  本学規定により付与します。
(3)賃金締切日  毎月末日
(4)賃金支払日  毎月25日(休日の場合はその前日)
(5)賃金支払方法 口座振込
(6)賃金控除費目 所得税、社会保険料、住民税
(7)賞与     2回/年

宿 舎:
職員宿舎に入寮可(要相談)  ※数に限りがあります。

従事すべき業務の内容:

医師業務:
(1)指導医のもとに担当医として診療を行う。
(2)指導医のもとに担当医として決定した診療計画に基づき、医学的に正しい診療を行う。
常勤・非常勤の別:常勤 助教(医科)、助教

休暇:
(1)年次有給休暇:本学規定により付与します。
(2)その他の休暇:本学規定により付与します。
社会保険等:
(1)健康保険・年金:日本私立学校振興・共済事業団に加入する。
(2)雇用保険・労災保険:加入する。
(3)医師賠償責任保険:個人加入する。
(4)健康診断:定期健康診断を毎年実施する。

学会、研究会等への参加の可否:可


福利厚生:
(1)昭和大学厚生資金貸付制度
(2)私学事業団共済事業貸付制度
(3)財形貯蓄制度
(4)リゾートトラスト、ラフォーレ倶楽部、ベネフィットワンの優待利用施設

・個人情報について
(1)個人情報
ここでいう個人情報とは、応募書類(履歴書)に記載されている情報に関することをいいます。
(2)個人情報の利用目的
応募時にご提出いただいた個人情報は、以下の目的に限り使用致します。この利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を使用することはありません。
(ア) 採用の可否、選考結果の通知など採用選考のため
(イ) (ア)に関し、厚生労働省等関係機関および採用病院間での情報提供や連絡を行うため
(ウ) 応募者の入職後、本学において福利厚生その他労務管理に関する一切の事項を行うため
(エ) 応募者についての統計、分析を実施するため
(オ) 入職後、他施設で研修を行う際の手続きのため
上記以外の目的で、本人の同意を得ずに、第三者への情報提供はいたしません。

留意点:
(1)後期臨床研修医・専修医は、各研修施設の医療安全管理体制に従う。
(2)医師としての適性を欠く場合など研修を継続することが困難であると認められる場合には、研修評価委員会において審議する。
 
【応募資格】
(1)平成30年3月に初期臨床研修を修了予定の医師
(2)臨床研修指定病院で卒後2年間の臨床研修を修了した医師
(3)出身大学・初期臨床研修病院を問わない

【申込み・問合せ先】
・『昭和大学後期臨床研修医・専修医 申込みフォーム
・昭和大学医学部卒後臨床研修センター 後期臨床研修医・専修医募集係
     〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
    電話:03-3784-8299(直通) FAX:03-3784-8276
     E-mail:s-senkoui@ofc.showa-u.ac.jp 
*詳細な研修内容につきましては、診療科からあらためてご説明いたします。
 

昭和大学における後期臨床研修医・専修医

  昭和大学では昭和大学病院、昭和大学病院附属東病院、藤が丘病院、藤が丘リハビリテーション病院、横浜市北部病院、江東豊洲病院、烏山病院の7つの附属病院と多くの学外研修病院(連携病院、協定病院を含む)がグループをつくり、後期臨床研修医・専修医研修を行っています。初期臨床研修を修了して、質の高い専門医となるには、高い診療能力をもち最新の設備をもつ施設と地域医療を経験可能な地域施設など幅広い研修環境が必須であります。さらに、内科や外科では専門医取得後により深い領域を研修するサブスペシャル領域においても専門診療科が優れた研修環境とプログラムを用意しております。
 昭和大学ではこのような優れた研修環境ばかりでなく、専門研修を指導する上級医や指導医が附属7病院で約500名(学外研修施設を含むと約1,000名)勤務しており、研修医に対してマンツーマンでのきめ細やかな研修指導を行い、質の高い専門医育成が可能であります。
 昭和大学の各診療科では専門医取得のための幅広く、最新の研修環境を整えており、向学心旺盛な医師のみなさんの応募をお待ちしております。
 

後期臨床研修医・専修医 募集一覧 (選考日時・会場の詳細もこちら)

クリックすると各診療科の詳細が表示されます

※募集定員数については変更となる場合があります
 大学院 との併用も可能です。詳しくは診療科へお尋ねください。
(関連リンク:
昭和大学大学院医学研究科入試情報) 
日本専門医機構が専門医制度を構築した場合には速やかに移行します。
※内科:消化器内科、循環器内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、腎臓内科、呼吸器・アレルギー内科、血液内科、神経内科、リウマチ・膠原病内科、感染症内科、腫瘍内科、総合内科
※外科:消化器・一般外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺外科

ページ先頭へ戻る

    • 後期臨床研修医・専修医
学校法人 昭和大学
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8 電話番号(大代表):03-3784-8000