ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 消化器センター

消化器センター

井上 晴洋 センター長・
消化器外科診療科長
井上 晴洋

○日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
○日本消化器病学会 専門医・指導医
○日本外科学会 認定医・外科専門医・指導医
○日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
○日本内視鏡外科学会 技術認定医
○日本食道学会 食道科認定医
○米国内視鏡学会(ASGE)名誉会員
○ドイツ内視鏡学会(DGVGE)名誉会員
○ロシア内視鏡学会 名誉会員

消化器内科診療科長
伊藤 敬義

○日本内科学会 認定医・総合内科専門医・指導医
○日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
○日本肝臓学会 肝臓専門医・指導医
○日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医
○日本内視鏡学会 内視鏡専門医
○日本医師会 産業医

主な対象疾患

食道疾患(食道癌、食道-胃接合部癌、食道アカラシア、逆流性食道炎、食道粘膜下腫瘍)、胃・十二指腸疾患(胃癌、GIST、萎縮性胃炎、出血性胃・十二指腸潰瘍)、小腸・大腸疾患(大腸癌、炎症性腸疾患、憩室出血、大腸ポリープ)、肝疾患(ウイルス肝炎、肝硬変、肝癌、食道静脈瘤、難治性腹水、自己免疫性肝疾患、ウィルソン病など代謝性肝疾患、肝膿瘍)、胆膵疾患(胆石症、総胆管結石、急性膵炎、急性胆管炎、膵臓癌、胆道癌)。

診療体制

消化器センターは、すべての消化器疾患を対象として、特にがんの早期診断から内視鏡治療、外科手術までを一貫しておこないます。内科・外科の垣根を完全に取り払い、受け持ちは内科医と外科医の混成チームで診断と治療にあたっています。診療チームは上部消化管、下部消化管、肝胆膵グループの3つに編成され、各グループに内科系及び外科系の専門医がおり、同一チーム内でベストの医療を実践できる診療体制をとっています。そのため、外科紹介であっても内科的治療が可能な方には内科治療が展開されます。

治療方針

我が国の消化器早期がんの診断と治療は世界のトップを走っております。当センターの治療方針は消化器早期癌の拾い上げと低侵襲治療、また患者さんが快適に検査を受けられるように痛みや恐怖のない検査、治療を方針としております。最高の診断と治療を、日本全国の患者さん、そして世界中の患者さんの要望にお応えします。

特徴的な診療領域

食道アカラシアに対しては昭和大学が開発したPOEM法という内視鏡治療を行っています。これまで1,470例(2017年8月現在)を超える患者に施行して、きわめて良好な成績を挙げ国際的にも高く評価されています。もはやアカラシアでは外科の手術を受ける必要はないといっても過言ではありません。POEM法は2016年に保険収載されました。
また難治性の逆流性食道炎に対する内視鏡的外科治療ARMS法を開発し、これまで90例(2017年8月現在)を超える患者さまに施行して成果を挙げています。
炎症性腸疾患には、分子標的薬・免疫調節薬による先端治療、胆膵疾患では膵癌・胆管癌の外科治療及び内視鏡的ステント術、肝疾患では慢性ウイルス性肝炎に対して経口抗ウイルス薬(DAA)を用いて高齢者や合併症のためこれまで治療不能だった患者にも安全に治療し、95%以上の高い奏功率を達成しています。また成因不明の難治性疾患や重症肝不全、重症急性膵炎などにも他診療科と連携して診療にあたっております。
当消化器センターは、最先端の内視鏡診断と治療を実現できる最先端の器械と、それを実現する医療スタッフを有しています。消化器癌の治療において、腹腔鏡・胸腔鏡を駆使して、低侵襲手術を展開しております。消化管癌の手術では、これまでの腹腔鏡・胸腔鏡ではなく、最新の3D (立体構築画像) が標準装備され、さらに精密な手術をおこなうことが可能です。各手術室に消化器内視鏡を常備して、消化器手術時に消化器内視鏡を併用した最先端の低侵襲手術が常時おこなえます。

外来担当医表

当センターの外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

所属診療科一覧

  • 消化器内科
  • 消化器外科

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学江東豊洲病院 All Rights Reserved.
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38