ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 消化器センター

消化器センター

井上 晴洋 センター長・
消化器外科診療科長
井上 晴洋

○日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
○日本消化器病学会 専門医・指導医
○日本外科学会 認定医・外科専門医・指導医
○日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
○日本内視鏡外科学会 技術認定医
○日本食道学会 食道科認定医
○米国内視鏡学会(ASGE)名誉会員
○ドイツ内視鏡学会(DGVGE)名誉会員
○ロシア内視鏡学会 名誉会員

 

主な対象疾患

  • 消化器センターは、すべての消化器疾患を対象として、がんの早期診断から内視鏡治療、外科手術までを一貫しておこないます。内科・外科の垣根を完全に取り払い、受け持ちは内科医と外科医の混成チームで診断と治療にあたります。
  • 内科部門として、消化管(上部・下部)疾患、胆膵疾患, 肝疾患など、すべての消化器疾患を取り扱います。内視鏡専門医、消化器病専門医を多数配し、最高の医療を提供します。早期癌の診断をもっとも得意とし、最新の拡大内視鏡を駆使しながら初期病変を見つけ出し、内視鏡的低侵襲治療(EMR・ESD)を積極的に行っており、これまでに2000例以上の経験(前病院データ)があります。
  • 食道アカラシアに対しては世界に認められた昭和大学オリジナルの治療としてPOEM法(先進医療)を行っています。500例以上に施行し極めて良好な成績(前病院データ)を挙げています。
  • 炎症性腸疾患には、分子標的薬剤・免疫調節剤による最先端治療を、胆膵疾患では閉塞性黄疸に対して経内視鏡的減黄術や経皮的ドレナージを。また膵癌・胆管癌の早期発見に努めるとともに、肝疾患では、慢性ウィルス性肝炎に対して抗ウィルス剤治療を、肝癌にも動脈塞栓術・ラジオ波による低侵襲治療を展開し、さらに静脈瘤、難治性腹水に対しても専門医による高度の治療を行っています。
  • 外科紹介であっても内科的治療が可能な方には内科治療が展開されます。外科手術は低侵襲手術である腹腔鏡手術を徹底しておこなっています。実際に全外科手術症例の70%(前病院データ)に腹腔鏡手術をおこなっています。
  • 食道癌・胃癌に対しては、食道外科専門医・内視鏡外科技術認定医による内視鏡外科手術を標準治療としています。大腸がんの腹腔鏡手術は言うに及ばず、肝転移に対しても、正しい適応のもと、高度技能指導医による肝切除術をおこなっています。胆管癌、膵癌についても、内科治療と連携しながら高度技能指導医が手術を行います。

外来担当医表

当センターの外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

所属診療科一覧

  • 消化器内科
  • 消化器外科

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学江東豊洲病院 All Rights Reserved.
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38