ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 臨床病理診断科

臨床病理診断科

九島 巳樹 臨床病理診断科診療科長
九島 巳樹

○日本病理学会 病理専門医
○日本臨床細胞学会 細胞診専門医・指導医
○国際細胞学会フェロー(FIAC)




主な対象疾患

臨床病理診断科の医師は患者さんを直接診察する事ではなく、採取された細胞や内視鏡検査および手術などで摘出された組織・臓器から標本を作り、顕微鏡で観察して治療に必要な最終診断(病理診断)を行っています。手術の際には必要に応じて術中迅速診断も行っています。

的確な病理診断をするため、病理専門医や細胞診専門医の資格を持つ病理医が細胞診検査士を含む臨床検査技師や事務担当者とともに働いています。

患者さんには主治医を介して病気の診断や治療方針の決定、予後の推定などの関する情報を迅速に提供しています。臨床病理診断科の医師は正しい医療が行われるように意見を述べ、診療の結果を検証し、常に医療の質の向上に努めています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学江東豊洲病院 All Rights Reserved.
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38