ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 放射線治療科

放射線治療科

師田まどか師田 まどか

○第一種放射線取扱主任者
○日本医学放射線学会専門医
○がん治療認定医

主な対象疾患

放射線治療はがんの治癒を目指したり、症状緩和に寄与したり幅広い適応があり、ほぼ全ての悪性腫瘍の治療に何らかの役割があります。放射線治療は臓器の機能・形態を温存し発病前のQOLを維持したいという希望に応えられる治療方法です。

主な対象疾患は乳癌、肺癌、前立腺癌、頭頸部癌、食道癌、悪性リンパ腫などですが、ほとんどの悪性腫瘍が対象となりえます。

放射線単独で、化学療法と併用しながら、あるいは手術の前や後に行います。最も信頼性が高くコンセンサスの得られた標準治療をベースに患者とよく相談して治療方針を決めます。高精度放射線治療である、定位照射、強度変調放射線治療(IMRT),画像誘導放射線治療(IGRT)などを駆使してがん患者に有益な治療を行います。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学江東豊洲病院 All Rights Reserved.
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38