麻酔科

鈴木 尚志
麻酔科診療科長
鈴木 尚志

近年、高齢者や各種の併存症を持つ患者さんに対しても、積極的に手術がおこなわれる趨勢にあります。このため、麻酔管理に際しても高度な技術や知識を必要とし、絶え間ない監視と厳密な管理が要求されるような症例も増加しています。麻酔の方法は全身麻酔と局所麻酔に大別されますが、それらの具体的な方法は多様です。患者さんの希望を配慮しつつ、最も相応しい麻酔方法を選択あるいは組み合わせて実施いたします。近年の研究結果によれば、麻酔管理の内容如何で、患者さんの術後経過が長期にわたって影響を受けることがわかってきました。術後の鎮痛にも配慮した麻酔管理により患者様の早期離床を促進し、早期の退院・社会復帰に繋げたいと考えております。私たち麻酔科医は、患者さんが安心して手術を受け、手術後も順調に経過するように努力を続けます。

対象疾患

当科の主な対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら
関連リンク

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学江東豊洲病院 All Rights Reserved.
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38