ホーム > 病院のご案内 > 病院長ご挨拶

病院長ご挨拶


          昭和大学江東豊洲病院
               病院長:笠間 毅


 昭和大学江東豊洲病院は平成26年(2014年)3月24日に開院いたしました。昭和大学の急性期医療を担う附属病院群の中で4番目の病院であり今春で6年目となる比較的新しい病院です。当院は江東区豊洲に位置しており東京都の東部医療圏を中心に近隣地域と密に連携する地域支援病院として二次救急医療にも積極的に取り組んでいます。

 病院の理念として、①まごころの医療、②安心・安全の医療、③地域と連携する医療、④医療人の育成の四つを掲げており、具体的な方針は「女性と子供にやさしい病院」「多職種によるチーム医療の実践」「新しい医療文化を創造する」などをあげて信頼される病院を目指しています。当院の立地する豊洲地区は日々発展し変貌している地域です。とくに子供を含めて若年層やファミリー層も急増している地域で「女性と子供にやさしい病院」を目指しており、患者さんを中心によりよい医療の提供のため「多職種によるチーム医療」を実践しています。また消化器疾患はもとより循環器疾患(虚血性心疾患)や脳血管疾患(脳卒中)、さらに産科(周産期)はとくにホットラインを設けて、また小児科疾患も24時間の救急対応を行っており、“安心・安全の医療”を心がけています。

 また当院の最大の特徴は大学の付属病院としては初めてとなる、土曜・日曜日、さらに祝日も平日と同様に(週日化)外来診療・検査そして定期手術などを行う体制をとっていることです。このような患者さんの利便性や近隣の医療機関の診療のバックアップ体制にも多少なりとも寄与できる「新しい医療文化を創造する」ことも目指しています。また大学の附属病院としての役割として次世代に続く“医療人の育成”も重要な使命と考えています。臨床研修医ならびに医・歯・薬学部生や看護学生などの診療への参加なども必要であれば患者さんの同意のもとお願いしています。

 当院では“かかりつけ医“の近隣の医療機関の先生方との“ふたり主治医制”も目指しております。今後もより一層地域医療に貢献できる、より良い病院を目指して職員一同一丸となって努力いたしますのでよろしくお願いいたします。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学江東豊洲病院 All Rights Reserved.
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38