ホーム > 重要なお知らせ > 医療機関の皆様へ、昭和大学江東豊洲病院の診療体制について

医療機関の皆様へ、昭和大学江東豊洲病院の診療体制について

2020年5月27日

 医療機関各位

 

昭和大学江東豊洲病院

病院長 笠間 毅

 

 

昭和大学江東豊洲病院の診療体制について

 

  平素は当院の医療連携にご協力頂き、誠にありがとうございます。東京都内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、院内感染防止のため、病院全体で感染対策を行っており、一般の外来、入院については通常と変わらず、受け入れできるよう体制を整えております。
 当院の状況を下記の通り、ご報告させていただきます。なお、最新の情報は当院のホームページでもお知らせしておりますのでご参照ください。今後とも、ご支援とご協力のほど宜しくお願い申しあげます

 

(1)当院の現在の状況
  <入院について>
  入院される全ての患者さんに、入院前の体温測定、症状の確認、検査等
  実施したのち入院していただいています。

  <外来について>
  通常と変わらず、紹介患者の受入れをしています。
  <救急外来について>
  一般の救急患者については、通常と変わらず受入れをしています。
(2)新型コロナ感染症(疑い)患者の受入れについて
  月曜日~金曜日に「発熱外来」を実施しています。
  <受診手続き>
  医療連携室にお電話いただき、「発熱外来」のご予約をお取りします。
  電話:03-6204-6130

  ※緊急を要する場合は、医師に受入れを確認いたします。
   患者さんの症状、病棟の状況によっては、お受けできない場合がありま
  すので予めご了承ください。

ページ先頭へ戻る

    • 医療機関の皆様へ、昭和大学江東豊洲病院の診療体制について
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学江東豊洲病院 All Rights Reserved.
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38