ホーム > 診療科のご案内 > 各センター一覧 > 臨床遺伝医療センター

臨床遺伝医療センター

診療体制

センター長
関沢 明彦
臨床遺伝医療センターは、遺伝性疾患に対する診療および遺伝カウンセリング、遺伝子検査などを行っています。
現在対応可能な主な領域は、産婦人科、小児科、乳腺外科で、各診療領域にまたがる疾患に対しては、各科が連携して診療にあたっています。具体的な対象疾患は以下のとおりです。

産婦人科:出生前診断、遺伝性婦人科腫瘍、各種遺伝性疾患など
乳腺外科:遺伝性乳がん卵巣がん症候群、その他の遺伝性腫瘍
小児科:先天異常症、染色体異常症、各種遺伝性疾患

特色

産婦人科では赤ちゃんに伝わる可能性のある様々な遺伝性疾患の相談や、高年妊娠、遺伝性の婦人科腫瘍などの遺伝カウンセリングに積極的に対応しています。さらに、羊水染色体検査、絨毛染色体検査、母体血胎児染色体検査、各種遺伝子検査などにも対応します。正しい情報と理解のもと患者に主役となって様々な選択していただくための支援を行っています。
乳腺外科では、遺伝性乳がん、卵巣がん症候群を中心とした遺伝カウンセリングおよび遺伝子検査と診療に対応しています。遺伝性の可能性のある方は、遺伝子の情報を得ることで、術式の選択や予防的外科手術の検討、適切な化学療法、積極的な検診など、様々なメリットが得られることが少なくありません。最新の知見や情報を提供し、遺伝カウンセリングや主治医を交えてディスカッションすることで、その方にとって一番よい方法や選択肢は何なのかをじっくり考え、納得のいく選択をしていただきたいと考えています。
臨床遺伝医療センターの予約は、担当医または医療連携室までご連絡ください。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8