ホーム > 診療科のご案内 > 各センター一覧 > 褥瘡ケアセンター

褥瘡ケアセンター

診療体制

褥瘡ケアセンターは、昭和大学病院及び附属東病院における全入院患者を対象に、各病棟・関連部署が褥瘡発生予防対策と褥瘡保有患者の悪化予防・治癒促進に向けた適切なケアが実施されるように各専門分野の知識・技術によるサポートを行っています。
褥瘡のある患者に対しては、患者の同意に基づき担当医師からの依頼を受け、専任チーム(褥瘡ケアチーム)による週1回の褥瘡回診で、診察・指導にあたっています。また、緊急の場合には随時対応しています。
褥瘡回診では、主に褥瘡発生予防対策・管理の評価、褥瘡の状態評価と局所治療・ケア方法の指導やアドバイス、在宅移行時や転院時の管理指導やアドバイスを行っています。

特色

褥瘡ケアセンターは、平成14年10月の診療報酬改定による褥瘡対策未実施減算の新設に伴い、中央部門の一つとして設立されました。
平成19年4月からは褥瘡ハイリスク患者ケア加算の導入に伴い、専従の褥瘡管理者が配置されています。
診療の主体として活動している褥瘡ケアチームは、専任医師(昭和大学病院は形成外科、附属東病院は皮膚科)、専任看護師(皮膚・排泄ケア認定看護師)、薬剤師、栄養士、臨床検査技師によって構成されています。褥瘡対策・治療に関わる主な職種が褥瘡ケアチームとして協同し、それぞれの専門的な知識・技術を活用することで、早期に褥瘡発生予防対策、褥瘡の悪化予防・治癒環境の整備に努めています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8