ホーム > 診療科のご案内 > 各センター一覧 > 総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター

診療体制

センター長
水野 克己
産科、小児科(新生児部門)、小児外科の各部門の密接な連携のもと、妊娠中の母体合併症や妊娠高血圧症候群や多胎妊娠、胎児疾患、前期破水、早産などの管理、出生後のハイリスク新生児の治療やケアを一貫して総合的に行います。平成21年度からは、母体救命対応型周産期センターにも指定されております。

特色

周産期専門医(母体・胎児および新生児)をはじめ、専攻医、研修医、助産師、看護師、遺伝カウンセラーおよび臨床心理士からなる医療チームで診療にあたります。母体・胎児集中治療室(MFICU)9床と新生児集中治療室(NICU)15床でハイリスク分娩やハイリスク新生児に対応しています。

胎児や母体が緊急状態の場合は麻酔科の協力の下、24時間365日体制で帝王切開決定から30分以内(平均およそ15分)で児の娩出が可能です。また、すべてのハイリスク分娩時には新生児科医が立ち会い、出生後直ちに初療に当たります。ハイリスク分娩のみならず、当院および他院で出生した病的新生児に対しても、NICUにて管理を行います。

妊娠中から胎児疾患が判明している場合や早産で分娩となることが明らかな場合には、出生前に新生児科医や必要に応じて小児外科医、形成外科医などが出生後の状態や病気についての詳しい説明を行っています。さらに、出生後直ちに治療が必要な心臓病がある胎児を妊娠されている場合には、昭和大学横浜市北部病院をはじめ、適切な医療施設にご紹介させていただいております。周産期に生じる母親およびその家族のあらゆる悩みの相談に応じているとともに、NICUに入院した患児については退院後も母子ともども長期フォローを行っております。
昭和大学病院総合周産期母子医療センター

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8