診療科概要

診療体制

当科は、呼吸器疾患並びにアレルギー疾患全般の診療を専門とし、それぞれの疾患の専門医が診断・治療を担当しています。日本内科学会、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本がん治療認定医機構、日本臨床腫瘍学会認定の教育施設でもあります。外来・入院ともに呼吸器外科と合同で、呼吸器センターとして診療を行っており、外科的な処置が必要な場合にも、迅速かつ円滑に外科的処置が可能です。
他科やコメディカルとのチーム医療を常に心がけています。喘息や慢性閉塞性肺疾患 (COPD) の患者さんには看護師が吸入指導を行い、また、薬剤師、理学療法士、栄養士とも連携し、呼吸リハビリテーションなどを取り入れた包括的な呼吸器ケア教室を行っています。当科だけではなく全般病棟にて人工呼吸器装着中の患者さんに対しては、集中ケア看護師、臨床工学技士、理学療法士、麻酔科医師、歯科医師、薬剤師、栄養士らと共に回診を行います。肺がん患者さんの治療方針は、腫瘍内科、呼吸器外科、放射線治療科との毎週のカンファレンスで決定し、緩和ケア科、薬剤師、看護師とも連携して治療しています。

治療方針

他科とのスムーズな連携は勿論の事、チーム医療を常に心がけています。喘息や慢性閉塞性肺疾患の患者 には、看護師が吸入指導を行い、また、薬剤師、理学療法士、栄養士とも連携し、呼吸リハビリテーショ ンなどを取り入れた包括的な呼吸器ケア教室を行っています。肺がん患者の治療方針は、腫瘍内科、呼吸 器外科、放射線治療科と毎週開催されるキャンサーボードで決定し、緩和ケア科、薬剤師、看護師とも連 携しています。

特徴的な診療領域

喘息の患者さんには、誘発痰、呼気一酸化窒素(FeNO)、気道過敏性の測定など専門的な検査を行い、治療は、吸入ステロイドを中心とした抗炎症治療に重点を置き、重症患者には分子標的薬を用いた最先端の治療を導入しています。また、重症喘息における気道リモデリングの症例には、新規取り入れた気管支サーモプラスティ(気管支平滑筋焼灼療法)を実施しています。患者さんに応じて免疫療法(急速減感作療法)の導入も行います。また、喘息日誌やピークフローによる自己管理を徹底しています。COPDの患者さんには、個々の患者さんに応じた薬物療法に加え、COPD教室やレクリエーションを取り入れた非薬物療法も行っています。肺がんの患者さんには、外来化学療法を積極的に勧め、生活の質(QOL)を重視した個々の患者さんに合わせた最良の治療方法を選択しています。睡眠時無呼吸症候群の患者さんには、耳鼻咽喉科、神経内科、昭和大学歯科病院、地域医師会と連携し、マウスピースや在宅持続陽圧呼吸療法など包括的治療を行っています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8