研究内容

さまざまな呼吸器・アレルギー疾患に関する研究を行っており、現在進行中の研究には以下のようなものがあります。

様々な呼吸器・アレルギー疾患に関する研究を行っており、現在進行中の研究には以下のようなものがあります。
  1. 気道上皮細胞における吸入ステロイドの抗炎症効果のメカニズムに関する検討
  2. 間欠的低酸素曝露モデルマウスにおける動脈硬化進展の検討
  3. 閉塞型睡眠時無呼吸症候群患者における血中動脈硬化進展マーカーの検討
  4. アレルギー性炎症に喫煙が与える影響
  5. 気管支喘息におけるIL-33の発現と役割
  6. 気管支喘息の気道リモデリング形成にメカニカルストレスが与える影響
  7. 気管支喘息の特異バイオマーカーの探索的研究
  8. 気管支喘息患者におけるウィルス感染が気道上皮細胞に与える影響
  9. 慢性閉塞性肺疾患に対する吸入療法の有効性の検討
  10. 慢性閉塞性肺疾患に対する呼吸リハビリの有用性の検討
  11. 慢性閉塞性肺疾患の併存症が増悪に与える研究(コホート研究)
  12. 肺炎患者の予後予測因子の検討

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8