ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 感染症内科

感染症内科

特任教授
二木 芳人

近年、新型インフルエンザや多剤耐性菌による院内感染症など、様々な感染症がマスコミにも取り上げられ話題になることが多くなっています。感染症は1つの臓器に留まらず、あらゆる臓器に引き起こされるので、全ての診療科に密接に関係しています。今まではそれぞれの診療科が個別に感染症の診療に取り組んでいましたが、昨今は様々な感染症が増え、その診療は難しさを増しています。当科は感染症に専門的に取り組む診療部門です。感染症の的確な診断と確実な治療、効果的な予防法などの普及に取り組んでいます。院内感染症の発生防止なども大切な業務です。また、若手医師や看護師などに対する感染症の教育や啓発も重要な取り組みの一つです。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

診療担当医紹介

医師名 役職 専門分野 資格
二木 芳人 特任教授 感染症学、呼吸器病学 日本感染症学会感染症専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医、ICD(インフェクションコントロールドクター)、日本臨床薬理学会特別専門医
詫間 隆博 講師・医局長 感染症学 日本感染症学会感染症専門医、日本内科学会総合内科専門医、ICD(インフェクションコントロールドクター)、卒後臨床研修医指導医
長友 安弘 助教 感染症学、呼吸器病学、膠原病学 日本感染症学会感染症専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8