ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 救命救急科

救命救急科

2019年4月1日より「救急医学科」から「救命救急科」に名称変更いたしました。本ページ内容は随時更新予定です。

診療科長 教授
土肥 謙二
救急医学科は、厚生労働省の指定を受けた救命救急センターとして20床の重症患者専用のベッドを擁し、日本救急医学会指導医・専門医、脳神経外科専門医、整形外科専門医、集中治療専門医など複数の資格を持った医師団が各科専門医と協力しつつ、年間1000名程度の重症患者を受け入れています。さらには軽症・中等症救急患者を担当している総合診療センターと協力連携して軽症から重症傷病者までに対応しています。重症外傷、重症感染症や多臓器不全に対する集中治療をはじめ、1人用の高気圧酸素治療装置による急性期のCO中毒の治療、神経救急疾患に対する脳低体温療法などの先端的な神経集中治療を行っています。全国における大規模災害、都内における多数傷病者発生事案に際してはDMAT(災害医療チーム)の緊急発動も行っています。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の主な対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8