ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 腎臓内科 > 紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ

2013年末のわが国での慢性透析患者数は約31万人であり、国民のおよそ405人に一人が透析患者ということになります。したがって、生命予後、また医療費の面からも透析導入患者数の減少が急務であり、慢性腎臓病(CKD)対策が重要な課題となっています。また、近年「蛋白尿や微量アルブミン尿の存在」、「正常の60%未満という腎機能の軽度から中等度の低下」も心血管系疾患の危険因子になることが明らかにされてきました。持続する蛋白尿や腎機能障害を有する患者さんがおられましたら、いつでも当科にご紹介ください。また、透析治療の長期化に伴い、合併症により入院が必要な患者が急増しています。今後も地域の透析医療機関と連携を強化して透析患者の診療を行っていく所存です。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8