診療科概要

診療体制

一般外来の他、脳動脈瘤、頚部頸動脈狭窄、脳動静脈奇形(AVM)、バイパス術が必要な脳血管障害、脳腫瘍、顔面けいれん等手術の相談や手術や血管内治療が必要となる方には、専門スタッフによる診察、治療の体制を敷いています。またセカンドオピニオンにも対応しております。くも膜下出血、脳出血、急性期脳梗塞を中心とする2-3次救急疾患は24時間体制で積極的に受け入れています。

治療方針

多くの手術において安定した結果を出すためは、"安全、確実"が何より大切だと考えています。手術や血管内治療を受けられる方についてはもちろん、すべての患者について、その一人一人について詳細にデータを検討し徹底的に治療方針、手術の方法をきめ細かくスタッフ一同で討議して治療にあたっています。

特徴的な診療領域

  1. 脳動脈瘤の手術
    多数の経験を生かしたクリッピングテクニックや、バイパス術、頭蓋底外科手技、モニタリングを用いて、通常施設では治療困難とされる脳動脈瘤の手術を行っています
  2. 脳血管内治療
  3. 頚部頚動脈狭窄の治療
    多数の経験を生かした内膜剥離術(CEA), 頚動脈ステント(CAS) の治療適応の判断、手術循環器内科と治療協力しています
  4. 脳動脈バイパス術
    脳梗塞、脳虚血、動脈瘤治療におけるすべてのバイパス術
  5. 脳腫瘍の治療
    腫瘍の種類に応じて他の診療科と連携し、多方面からの治療を検討しています
  6. 顔面けいれん、三叉神経痛の手術
  7. てんかんの手術
    最新技術を用いた最新技術を用いた脳波解析、脳機能マッピング、ニューロナビゲーションなどを駆使して、てんかん治療と機能温存を両立するため徹底的に詳細な評価を行います。顕微鏡テクニックも生かして“安全、確実”なてんかん焦点切除、選択的海馬扁桃体切除術、迷走神経刺激装置の埋込み術などを実践します。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8