ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 脳神経外科 > 胚細胞腫瘍(Germ cell tumor)

胚細胞腫瘍

胚細胞腫瘍(Germ cell tumor)

胚細胞腫瘍とは

 胚細胞腫瘍は、生殖器(精巣・卵巣)に発生するものと、体の正中線上に発生し、後腹膜(おなかの中),縦隔(胸の中),脳(松果体、下垂体)など性腺外に発生するものがあります。
好発年齢は10歳代から30歳代で、90%は20歳未満に発生し、男児に多い(約78%)腫瘍です。松果体(65~80%)、神経下垂体(18~27%)、基底核(5-10%)に生じることが多く、松果体と神経下垂体部に同時に腫瘍が発生することもあります。全脳腫瘍の3%、小児脳腫瘍では15%を占めます。また、日本人に多い(欧米の2‐3倍)という特徴があります。



分類

 胚細胞腫瘍はジャーミノーマ、成熟奇形腫、未熟奇形腫、卵黄嚢腫瘍、絨毛癌、胎児性癌、混合型腫瘍の6つがあり、それぞれ予後良好群・中間群・予後不良群に分けられます。ジャーミノーマが最も多く、約7割を占めます。

予後良好群:ジャーミノーマ、成熟奇形腫 
中間型:未熟奇形腫、混合型腫瘍(ジャーミノーマと成熟奇形腫の) 
予後不良群:卵黄嚢腫瘍、絨毛癌、胎児性癌、これらの悪性要素が主体の混合型腫瘍
 

症状

 ホルモン(内分泌)障害、複視、水頭症症状などで発症します。発生する部位により症状は異なり、松果体部に腫瘍ができると、松果体の前方にある中脳水道と呼ばれる脳脊髄交通路が狭窄・閉塞し、頭蓋内圧亢進をひきおこし、強い頭痛と意識障害が起こります。また、目が上下方向に動かなくなることもあります。神経下垂体部に腫瘍が発生すると、ホルモンの分泌が障害され、尿が大量に出てしまう尿崩症を起こし、小児では低身長や無月経などを起こします。 

治療

成熟奇形腫は良性腫瘍なので全て摘出されれば根治となりますが、その他は全て悪性腫瘍であり、お薬や放射線での治療が必要です。
昭和大学では、まずは診断のために一部腫瘍組織をとってくる生検術を、神経内視鏡を用いて、低侵襲に手術を行っています。確定診断後には初発の頭蓋内原発胚細胞腫に対する治療プロトコールに沿って放射線治療を行っております。また腫瘍の種類によっては、放射線療法後に腫瘍が残っている場合、腫瘍をすべて摘出する手術を行っております。

お困りの方は是非ご相談ください。
 

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8