ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 小児科 > 診療科概要

診療科概要

診療体制

地域医療機関と連携した診療を行っております。午前の診療では、医療機関からの紹介を中心に3〜4診体制で一般診療をおこなっており(土曜日は2診体制)、午後の診療では専門医による各分野の専門外来診療を行っております。なお、予防接種は基礎疾患のある患者さんのみ対応させていただいており、かかりつけ医での接種をお勧めしております。また、平日夜間は、品川区初期救急準夜間診療事業委託により、当院小児科外来を利用し『品川区こども夜間救急室』を開設しております。(受付時間20:00~22:30)
また、患児および患児の家族を中心に、コメディカルとともにチーム医療を行うことを心がけております。また、適切なインフォームドコンセントやアセスメントを得て、ご家族や本人の十分な理解のもとに診療を行います。病棟では保育士もおり、入院している子供たちを担当しております。また、当院では院内学級(さいかち学級)が開設されており、学童期以上の子供たちの教育をサポートしております。

治療方針

患児および患児の家族を中心に、コメディカルとともにチーム医療を行うことを心がけております。また、適切なインフォームドコンセントやアセントを得て、ご家族や本人の十分な理解のもとに診療を行います。病棟では保育士もおり、入院している子供たちを担当しております。また、当院では院内学級(さいかち学級)が開設されており、学童期以上の子供たちの教育をサポートしております。

特徴的な診療領域

新生児疾患、重症心身障害児、発達障害、自閉症、気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、先天性心疾患、不整脈、川崎病、糖尿病、低身長、内分泌疾患、ネフローゼ症候群、急性糸球体腎炎、尿路感染症など。その他、合併症を有する小児外科疾患や形成外科疾患などの周術期管理。白血病やその他の血液疾患は昭和大学藤が丘病院小児科と、外科的対応が必要な先天性心疾患は昭和大学横浜市北部病院こどもセンター・循環器センターと連携しております。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8