診療科概要

診療体制

小児外科は、昭和大学の3つの病院(昭和大学病院、横浜市北部病院、江東豊洲病院)があり、これらの病院が常に横の連携を重視し、まとまった1つの小児外科診療グループとして患者に対応しています。また、スタッフ全員で患者さんを把握して診ていくという方針で診療に当たり、24時間体制で診療に従事しています。従って、いつでも病状に対応することが可能で、患者さんには安心して治療に専念できる環境を提供しています。
また、小児外科というと、すぐに手術を思い浮かべると思いますが、私どもの信念は「手術をせずに治せるのであれば、迷わずその方法を第一選択とする。」ということです。しかし、手術が必要となった場合は、その最大の欠点である手術創をできるだけ小さく、目立たないよう整容性を重視することを心がけています。

治療方針

小児外科というと、すぐに手術を思い浮かべると思いますが、私どもの信念は「手術をせずに治せるのであれば、迷わずその方法を第一選択とする」ということです。しかし、手術が必要となった場合は、その最大の欠点である手術創をできるだけ小さく、目立たないよう整容性を重視することを心がけています。

特徴的な診療領域

小児外科は生まれて成長するまでのすべての外科領域を受け持っています。新生児、乳児、学童それぞれに年齢特有の疾患があります。例えば、新生児では先天性疾患、学童では後天性疾患などです。それらの疾患に対して、専門的な知識を持って診療を行っています。また、前記したように、他の施設では手術を行うような疾患でも、積極的に保存療法を行う方針としています。例えば、臍ヘルニア、包茎などはほとんど手術を必要としません。さらに、慢性の便秘に対する排便コントロールも外来で対応しています。お気軽にご相談ください。
主な対象疾患:脳神経、心臓、骨格以外の疾患に対し、広く対応しています。
呼吸器疾患(囊胞性肺疾患、横隔膜ヘルニア、肺分画症など)、消化管疾患(壊死性腸炎、食道閉鎖症、腸閉鎖症、直腸肛門疾患、ヒルシュスプルング病、腸回転異常症、肥厚性幽門狭窄症など)、体表疾患(鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、リンパ管腫、血管腫など)、肝・胆道疾患(胆道閉鎖症、胆道拡張症など)、泌尿器疾患(腎盂尿管移行部狭窄症、膀胱尿管逆流症など)、固形腫瘍(神経芽腫、肝芽腫、腎芽腫、奇形腫など)、日常よくみる疾患(乳児痔瘻、腸重積症、急性虫垂炎、異物誤嚥・誤飲、胸腹部外傷、便秘など) 。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8