小児外科


診療科長 教授
渡井 有
成人領域で外科と内科があるように、小児領域にも外科と内科があります。その中で外科を担当しているのが小児外科です。近年医療技術の進歩に伴い、出生前診断が可能となり、胎児期より治療が出来るようになりました。昭和大学病院では、胎児期から出生後までの一貫した新生児医療を行うために、産科(周産期科)、新生児科、小児外科が一体となって科の垣根を越えたチーム医療を行っています。また、小児医療センターとして、小児外科および小児内科が、同様にチーム医療を重視した診療を行っています。小児外科は、すべての治療にあたり低侵襲で整容性を考慮した治療を目指しています。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

診療担当医紹介

※外来担当者一覧は外来診察を担当されている医師に限ります。

医師名 役職 専門分野 資格
渡井 有 教授 小児外科一般、新生児、腹腔鏡手術、ヒルシュスプルング病、胆道閉鎖症、胆道拡張症 日本外科学会専門医・指導医、日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本周産期・新生児学会認定外科医、日本小児救急学会認定医
千葉 正博 准教授 小児外科一般、新生児、小児泌尿器、短腸症候群 日本小児外科学会専門医・指導医、日本外科学会専門医・指導医、日本静脈経腸栄養学会指導医
杉山 彰英 准教授 小児外科一般、新生児、鏡視下手術 日本小児外科学会専門医・指導医、日本外科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児学会認定外科医
中山 智理 講師・診療科長補佐・
病棟医長
小児外科一般、新生児 日本外科学会専門医
入江 理絵 助教 小児外科一般、新生児 日本外科学会専門医
大澤 俊亮 助教 小児外科一般  
土岐 彰 客員教授 小児外科一般、新生児、胆道拡張症、直腸肛門奇形、漏斗胸、泌尿器疾患、栄養障害など  日本小児外科学会専門医・指導医、日本外科学会認定医・指導医、日本胸部外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本静脈経腸栄養学会指導医

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8