診療科概要

診療体制

原発性肺がんや転移性肺がんを主体とする悪性肺腫瘍や縦隔腫瘍、さらに近年増加傾向にある悪性胸膜中皮腫、胸壁腫瘍、また、若年男性に多い自然気胸などの呼吸器疾患に対する外科治療を中心に行っています。2011年5月から呼吸器・アレルギー内科とともに「呼吸器センター」を運用し、外科と内科医師が隣接する外来ブースや呼吸器センター入院病棟において診療を担当することで効率的な診療を実施できる体制を整えています。また、大学病院として医学部学生の卒前教育だけでなく、研修医や専攻医を対象にした外科あるいは内科専門医育成に向けた卒後教育を充実させています。
外来診療:初診・再診ともに月曜日の午前・午後、水曜日の午前、金曜日午後です。これ以外に夜間・休日・土曜日も含め臨時に対応しています。セカンドオピニオンはその都度日程を相談します。
定期手術は火曜日全日、隔週木曜日・金曜日に行っています。緊急手術は適宜実施しています。手術後、集中治療の程度によってICU(中央棟6階)やHCU(中央棟9階)で呼吸・循環の管理を行います。手術前後に口腔外科で口腔ケアを受け、理学療法士による呼吸リハビリテーションを行っています。これによって術後肺炎を予防し手術後の早期退院、早期の社会復帰を実現しています。

治療方針

チーム医療体制を強化し、呼吸器外科だけでなく呼吸器内科や腫瘍内科、関連各科、ならびに一般病棟・ICU・HCU・手術室・呼吸器センター外来などの看護師・ヘルパー・担当事務職、理学療法室や各種検査室・栄養科のメディカルスタッフと密な連携を保ち、内科・外科のいずれかに偏ることなく、その症例に適した診断・治療法の選択を心掛けています。

特徴的な診療領域

手術は呼吸機能の温存を心がけます。たとえば中枢気道(気管や太い気管支)の病変の切除にはその末梢の気管支、肺の合併切除を余儀なくされます。このような場合我々は中枢気道の切除後、気道の再建術を行って呼吸機能を温存するようにしています。さらに末梢肺発生の小型肺癌については将来肺癌が多発することも視野に入れて切除範囲を適切に判断しています。肺癌に対する胸腔鏡手術は手術合併症が致命的になることがあるため必要最小限の開胸を併用しています。ごく小さい肺癌では胸腔鏡で切除することもあります。自然気胸手術は可能な限り完全鏡視下手術で行っています。自然気胸は一般に再発率が高いため前駆病変に対する凝固療法、手術終了時の人工胸膜の使用など再発を抑制するための治療を加えています。また当診療科が中心になって全国の施設に呼びかけて自然気胸の患者さんに診療情報を書き込んだカードを渡し情報の共有化を図っています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8