ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 泌尿器科 > 主な対象疾患

主な対象疾患

悪性疾患としては膀胱、尿管、腎盂癌などの尿路上皮癌、腎癌、前立腺癌、精巣癌などに対し、ダヴィンチ、腹腔鏡、ミニマム創をはじめとする各種手術療法、抗癌化学療法、分子標的薬治療、放射線療法を行っております。良性疾患としては腎尿管結石症、腎盂腎炎をはじめとする尿路性器感染症、前立腺肥大症、過活動膀胱、女性の骨盤臓器脱、尿失禁症などに対し、内服治療、手術治療を行っています。また神経因性膀胱や寝たきり高齢者における尿路管理の指導や管理をします。水腎症をきたす先天性尿路疾患、膀胱尿管逆流や腎盂尿管移行部狭窄症も治療対象としています。また小児の停留精巣や包茎もご両親と相談しながら治療を進めています。 「夜中に何度も排尿で起きる」「残尿感がある」「腎臓のあたりが痛む」「勃起力が低下した」…。とかく人には相談しにくい泌尿器系の症状でお悩みの方は、ぜひ一度、泌尿器科の専門医に相談されることをお勧めします。  昭和大学泌尿器科では、泌尿器科疾患に対して日々、最新の診断法、治療法を実践応用し、なにより患者様の親身になった、温かみのある診療を心がけています。下記のような症状でお悩みの方、泌尿器科疾患でお困りの方は、是非一度相談にお越しください。

チェックシート
尿に血が混じる(血尿)
尿潜血を指摘された
トイレが近い(頻尿)
夜の排尿回数が多い(夜間尿)
尿が出にくい(排尿困難)
残っている感じがする(残尿感)
すぐにトイレに行きたくなる(切迫感)
漏れてしまう(尿失禁)
背部に痛みがある
排尿時に痛みがある(排尿痛)
下腹部に痛み、違和感がある
血液検査でPSAが高いと言われた
検診超音波で異常を言われた
排尿症状に伴う発熱がある
陰嚢が腫れている
勃起力が低下してきた
尿道から膿が出る

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8