ホーム > 病院のご案内 > 病院長ご挨拶

病院長ご挨拶

病院長 板橋 家頭夫

昭和大学病院には3つの理念があります。それらは、「患者さん本位の医療」、「高度な医療の推進」、「医療人の育成」で、この理念をもとに、患者さんの目線で考える医療、職種・職域を越えたチーム医療、そして先進的な医療の実践を目標に掲げております。

「患者さん本位の医療」を実践するために必要なことは、まず、安全で安心な医療を提供することです。このためには、チーム医療が要になります。当院では、患者さんを中心に据え、多職種が垣根を超えて活発に議論するとともに、プロフェッショナリズムを十分に発揮できるよう不断の努力を重ねております。また、「地域との密接な関わり」も患者さん本位の医療にとって重要であることは言うまでもなく、これを維持できるように配慮しております。

「高度な医療の提供」は、大学病院としての重要な使命です。高度な医療とは、厚生労働省によりある程度有効性が認められた医療技術を用いた先進医療の実践や、新規に開発された医療技術の効果を評価するための医療であります。現在日常的に用いられている医療技術の多くがかつてこのような位置づけにありました。したがって、医療の発展に欠かせないものです。このような医療を実践するにあたって、私たちは十分な安全を確保して行っています。

「医療人の育成」も重要な使命であり、教育研修病院として、卒前および卒後初期臨床研究、専門医研修の場としての機能を担っています。看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士など医療にとって必要な職種を目指す学生教育も行っています。どのような職種であれ、最初は経験値が少ないわけですが、これからの日本の医療を担う若者が優秀な医療者になるためには、患者さんのご協力が欠かせません。医療者を育てるのは患者さんです。ご理解とご協力をお願いいたします。

人員配置を含め保険医療上多くの制約がありますが、私たち昭和大学病院職員一同は、外来患者さんや入院生活を送られる患者さんが当院を受診してよかったと思えるよう今後ともさらなる努力を重ねて参ります。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8