ホーム > 病院のご案内 > 薬剤部 > 昭和大学フォーミュラリ

昭和大学フォーミュラリ

昭和大学では統括薬剤部を中心に、さらなる医療の質向上を目指して、超高齢化時代を支える地域包括ケアシステムの醸成を目標に『地域フォーミュラリ』の構築を掲げ、附属病院全体でこれに取り組んでいます。
「ただし、本フォーミュラリは企業の販売促進に利用しないこと」

『地域を支えるフォーミュラリ』

『地域フォーミュラリ』とは、薬物治療の標準化を図り、臨床的有用性の高い医薬品の使用を促進するとともに、医療費を抑制し、かかりつけ医、かかりつけ薬剤師をはじめとする、地域の病院や診療所、薬局と連携することで医療の質の向上を目指したものです。フォーミュラリは費用対効果や薬価制度などを考慮して医療費の抑制対策のひとつとして注目されています。各製薬企業にとっては推奨薬とならないことへの危機感を抱くことも少なくありません。ましてや、フォーミュラリは推奨薬となった企業のプロモーション活動を応援するものでは決してなく、地域医療における包括的ケアプランあるいは地方財源などの医療費適正化の問題も抱える日本にとって必要な活動です。医薬品の選定は、科学的なエビデンスに基づいており、新たなエビデンスが出た際には定期的に見直す必要もあります。フォーミュラリは医師の裁量権を侵害したり、治療方針に介入することではなく、安全な薬物療法を支援するためのガイドラインであり、可能な限り標準薬使用を推奨するものであり、その使用によって医療の質向上に資するものと考えられます。

フォーミュラリ作成メンバー

担当
  1. 薬剤部構成
    医薬品情報管理室担当、薬事担当、薬剤管理指導責任者(病棟)、対象疾患に関わる薬剤師(病棟)、地域連携担当(地域薬局・病院担当者など)
  2. 診療科医師

承認委員会
  1. 薬事委員会
  2. 中央医薬品購入に関する委員会

フォーミュラリ作成情報源

フォーミュラリー作成の医薬品選定の各検証パートにおける参照検討資料・文献・書籍

Ⅰ.有効性(Efficacy)パート

審査報告書、添付文書、医薬品インタビューフォーム(臨床データパッケージ)、臨床試験プロファイル、国内外治療ガイドライン、最適使用推進ガイドライン(医薬品)、臨床研究文献情報

Ⅱ.安全性(Safety)パート

臨床試験プロファイル、医薬品プロファイル、添付文書、RMP(リスク管理計画)、米国添付文書PI・REMS・欧州添付文書SPC(海外上市がある場合)

Ⅲ.経済性(Cost-effective)パート

保険薬辞典・薬価検索サイト、中医協薬価資料(算定方式)、各種治療指針・レジメン集、保険診療上の取り扱い(診療点数早見表・医科点数表)、国内外治療ガイドライン

Ⅳ.合理性(Reasonableness)パート

臨床試験プロファイル、添付文書、インタビューフォーム、国内外治療ガイドライン、最適使用推進ガイドライン(医薬品)、関連学会ステートメント

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8