ホーム > 病院のご案内 > 薬剤部 > 昭和大学フォーミュラリ

昭和大学フォーミュラリ

われわれ統括薬剤部は附属病院全体で、さらに質の高い医療を前進させ、超高齢化時代を支える地域包括ケアシステムを実践するために、統括薬剤部のミッションとして『地域を支えるフォーミュラリ』の構築を掲げ、附属病院全体でこれに取り組んでいます。

統括薬剤部のミッション  『地域を支えるフォーミュラリ』

『地域を支えるフォーミュラリを創り、これに基づいた薬物治療を推進する』
薬物治療の標準化を図り、臨床的有用性の高い医薬品の使用を促進するとともに、医療費を抑制し、かかりつけ医、かかりつけ薬剤師をはじめとする、地域の病院や診療所、薬局と連携することで医療の質の向上に貢献する。

附属病院全体でフォーミュラリの構築に至った経緯

  1. 従来、各附属病院の医薬品採用は、各薬事委員会で独自に決定していたため、採用医薬品の統一されていなかった。
  2. 附属病院間で患者・医療従事者が縦横に移動するなかで、採用医薬品が異なることは、患者への説明、処方、調剤、服薬管理、服薬遵守への影響、医療安全など様々な面でリスク要因であった。
  3. 各地域で個々に薬物治療が実施されていたため、附属病院全体での連携が進まず、治療の標準化が遅れるとともに、地域の薬物治療への参画につながっていない要因があった。
  4. 附属病院全体の採用品目数が多くなることから、共同購入などの対応が徹底されず、薬品購入費を削減できないとともに、在庫管理、医薬品マスターの管理が煩雑なために、管理のための経費や時間がかかり、経済的なデメリットとなっていた。
  • 画像

昭和大学フォーミュラリ一覧

フォーミュラリ作成メンバー

担当
  1. 薬剤部構成
    医薬品情報管理室担当、薬事担当、薬剤管理指導責任者(病棟)、対象疾患に関わる薬剤師(病棟)、地域連携担当(地域薬局・病院担当者など)
  2. 診療科医師

承認委員会
  1. 薬事委員会
  2. 中央医薬品購入に関する委員会

フォーミュラリ作成情報源

フォーミュラリー作成の医薬品選定の各検証パートにおける参照検討資料・文献・書籍

Ⅰ.有効性(Efficacy)パート

審査報告書、添付文書、医薬品インタビューフォーム(臨床データパッケージ)、臨床試験プロファイル、国内外治療ガイドライン、最適使用推進ガイドライン(医薬品)、臨床研究文献情報

Ⅱ.安全性(Safety)パート

臨床試験プロファイル、医薬品プロファイル、添付文書、RMP(リスク管理計画)、米国添付文書PI・REMS・欧州添付文書SPC(海外上市がある場合)

Ⅲ.経済性(Cost-effective)パート

保険薬辞典・薬価検索サイト、中医協薬価資料(算定方式)、各種治療指針・レジメン集、保険診療上の取り扱い(診療点数早見表・医科点数表)、国内外治療ガイドライン

Ⅳ.合理性(Reasonableness)パート

臨床試験プロファイル、添付文書、インタビューフォーム、国内外治療ガイドライン、最適使用推進ガイドライン(医薬品)、関連学会ステートメント

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8