ホーム > 最新情報一覧(2016年度) > 医療被ばく低減施設認定を更新しました

医療被ばく低減施設認定を更新しました

2017年1月18日

放射線室では、放射線被ばくを適正に管理するために、診療放射線技師の職能団体である公益社団法人日本診療放射線技師会の「医療被ばく低減施設認定」を取得しました。この度、取得後5年が経過したので、更新審査を受けました。現在この「医療被ばく低減施設認定」は全国で68施設(東京都内は6施設)が取得しております。
本認定を取得することにより、適正な放射線の質と量で検査・治療が行われていること、さらに放射線管理が適正に行われていることを第三者機関に認めて頂き、全国で68施設のみの医療被ばく低減認定施設として掲げることができます。
今回、本認定を更新し、診療放射線技師へ求められる責務として、X線画像の質を担保した上での医療被ばくの更なる低減を推進し、患者さんに安心と安全を提供していきたいと考えております。

ページ先頭へ戻る

「最新情報一覧(2016年度)」に戻る

    • 医療被ばく低減施設認定を更新しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8