ホーム > 最新情報一覧(2019年度) > 【11月29日(金)】昭和大学緩和医療研究会を開催いたしました

【11月29日(金)】昭和大学緩和医療研究会を開催いたしました

2020年1月7日

2019年11月29日(金)に「昭和大学緩和医療研究会」を開催いたしました。本研究会は、昭和大学の附属病院で緩和医療に携わっている多職種スタッフによる研究会です。今回の研究会では3件の症例発表と1件の特別講演を行いました。学内の参加者以外にも、地域の病院、診療所、薬局などからも多職種のご参加をいただき、参加人数は37名となり、活発な質疑応答がなされました。
今後も定期的に開催し、医療従事者の知識向上や、附属病院間の連携強化を進めてまいります。
なお次回は2020年5月の開催を予定しております。

【昭和大学緩和医療研究会】
日時:2019年11月29日(金) 18:50~20:30
場所:昭和大学4号館 4階401号室

<症例発表>
座長:ながはらクリニック 樋口 比登実 先生
●「当院における切除不能・再発食道がんの支持療法、緩和医療の現状」
 昭和大学病院 緩和医療科 西木戸 修 准教授
●「転移性骨腫瘍による疼痛に対して、整形外科的アプローチが効果的であった2症例」
 昭和大学横浜市北部病院 緩和医療科 松石 純 講師
●「食道癌、リンパ節転移、骨転移による難治性疼痛の1例」
 昭和大学藤が丘病院 腫瘍内科・緩和医療科 中山 博文 講師

<特別講演>
座長:昭和大学病院 緩和医療科 岡本 健一郎 特任教授
●「オピオイド鎮痛薬の新たな選択肢」
 島根大学医学部 麻酔科学講座 齊藤 洋司 教授

当日の写真

 
(昭和大学病院 緩和医療科 西木戸修 准教授)

(昭和大学横浜市北部病院 緩和医療科 松石純 講師)

(昭和大学藤が丘病院 腫瘍内科・緩和医療科 中山博文 講師)

(島根大学医学部 麻酔科学講座 齊藤洋司 教授)

ページ先頭へ戻る

「最新情報一覧(2019年度)」に戻る

    • 【11月29日(金)】昭和大学緩和医療研究会を開催いたしました
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8