ホーム > 最新情報一覧(2020年度) > 【9月23日(水)】プロゴルファー笹生選手からの寄付金授与式を執り行いました

【9月23日(水)】プロゴルファー笹生選手からの寄付金授与式を執り行いました

2020年10月28日

9月23日(水)昭和大学病院中央棟7階会議室にて、プロゴルファー笹生優花選手からの寄付金授与式を執り行いました。
これは、笹生優花選手の「コロナ禍において、必死に医療に尽力されている医療従事者の方々に何かしらのご支援をすることによって、少しでも地域の病院や地元の皆様の役に立ちたい」との強い想いから、8月に参加したチャリティー大会で2位になった際の賞金全額の寄付のお申し出を受けて、笹生選手のお父様のメインバンクであり、かつ学校法人昭和大学と産学金連携プログラム協定を締結している城南信用金庫様を通じて、笹生選手が現在品川区在住であることや、双子の弟様が昭和大学病院にて産まれたというご縁もあり、実現したものとなっております。

寄付金授与式には、笹生選手のほか、笹生選手のお父様・お母様・お兄様が出席され、城南信用金庫様からは下谷副理事長・早瀬川荏原支店長、本学からは、小出良平 総括病院担当理事、木内祐二 副学長・産学官連携室長、三邉武幸 病院担当理事、相良博典 昭和大学病院長、稲垣克記 昭和大学病院附属東病院長、吉田仁 昭和大学病院副院長が出席いたしました。

授与式の中では、笹生選手から医療従事者への感謝の気持ちが伝えられ、出席した相良昭和大学病院長からは寄付に対する御礼の言葉とともに「スポーツは見ている人々に夢と希望を与える素晴らしいものであると思うので、引き続き頑張ってください」との激励の言葉も述べられました。

寄付授与の様子
(左から:下谷康博 城南信用金庫副理事長、笹生優花 選手、相良博典 昭和大学病院長)

集合写真
(前列左から:下谷康博 城南信用金庫副理事長、笹生優花 選手、相良博典 昭和大学病院長、小出良平 総括病院担当理事)
(後列左から:早瀬川佐光 城南信用金庫荏原支店長、三邉武幸 病院担当理事、笹生正和 様(笹生選手のお父様)、稲垣克記 昭和大学病院附属東病院長、吉田仁 昭和大学病院副院長)
記者からの質問に答える笹生優花選手(中央)
病院に寄贈していただくゴルフキャップにサインする笹生優花選手
 

ページ先頭へ戻る

「最新情報一覧(2020年度)」に戻る

    • 【9月23日(水)】プロゴルファー笹生選手からの寄付金授与式を執り行いました
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8