ホーム > 重要なお知らせ > NICU・GCUにおけるMRSA発生について

NICU・GCUにおけるMRSA発生について

2018年10月12日

当院の新生児集中治療室(NICU)・継続保育治療室(GCU)において、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)保菌者が
継続的に発生しており、品川区保健所及び東京都福祉保健局に報告し、指導を受けて感染防止対策に努めております。
現時点でMRSA感染症に関連する死亡例は見られておりませんが、これ以上の感染の拡大を防ぐために、NICU・GCUへの新規入院と母体搬送受け入れは一時制限をしております。
現在、種々の感染対策に取り組んでおりますが、さらに安全な体制を確保するために、外部機関による調査も行いながら、感染防止対策を実施して参ります。

患者・ご家族の皆様、また、地域の皆様並びに他の周産期医療機関の方々に、多大なご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

平成30年10月12日

                                                                                                                                        昭和大学病院
                                                                                                                                       病院長 板橋 家頭夫

                                                                                                         問い合わせ先: クオリティマネジメント課
 

ページ先頭へ戻る

    • NICU・GCUにおけるMRSA発生について
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8