ホーム > 重要なお知らせ > 患者様情報を含む情報端末の紛失に関するお詫びとご報告

患者様情報を含む情報端末の紛失に関するお詫びとご報告

2020年1月10日

患者様情報を含む情報端末の紛失に関するお詫びとご報告



 この度、標記の事案が発生しましたことに対し、皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、心より深くお詫び申し上げます。
 12月末に当院で保有しております、患者様の個人情報の一部を含む、消化器・一般外科所有のノートパソコンと外付けハードディスクが紛失する事件がありました。現在、警察に遺失物届を提出し、患者様への被害の発生防止等に努めておりますが、これまで把握できた事態の経緯と当院対応につきまして、下記のとおり、お知らせ致します。

  1.  事態の経緯
     令和元年12月25日(水)深夜から26日(木)の早朝に、昭和大学病院 消化器・一般外科の患者様情報が入ったノートパソコンと外付けハードディスクが病院外で紛失する事案が発生しました。早急に付近を捜索致しましたが発見に至らなかったため、事態を重大なものと認識し、26日(木)10時、警察に遺失物届を提出致しました。同時に、パソコンにはロック機能が付いておりますが、その上で、早急な発見を図るべく紛失物の捜索を続けました。
    ※その後も警察に確認しておりますが、現在のところ発見に至っておりません。
     翌日、12月27日(金)に、病院長を中心に臨時で調査委員会を実施し、経緯の確認と今後の対応を協議致しました。また、監督官庁である関東信越厚生局と東京都福祉保健局への報告を行なっております。
  2.  流出情報の内容
     (1) 流出件数 最大1,300件
     (2) 流失した患者様情報の項目明細
        患者氏名・患者(診察券)番号・性別・年齢・病名・手術内容等
        ※住所・連絡先の情報は含まれておりません。
  3.  事故後の対応
     現在、被害状況の把握に努めておりますが、現時点での患者様情報の不正使用の事実は確認されておりません。
     本学においては、患者様情報を病院外に持ち出すことを原則禁止しております。また、やむを得ず研究や学会等で病院外に持ち出す場合は、必ず個人を特定できないように匿名化にすることと2008年から定めております。このため、今回の事案を重く受け止め、再度、周知徹底し再発防止に努めます。
     また、対象となった患者様につきましては、改めて書面を郵送し、報告させて頂きます。
  4.  本件に関するお問い合わせ
     担当部署:昭和大学病院クオリティマネジメント課
     電話番号:03-3784-8787(直通)
     受付時間:平日 午前9時~午後5時

昭和大学病院     
病院長 板橋 家頭夫

ページ先頭へ戻る

    • 患者様情報を含む情報端末の紛失に関するお詫びとご報告
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8