ホーム > 重要なお知らせ > 昭和大学病院職員の新型コロナウイルス感染について

昭和大学病院職員の新型コロナウイルス感染について

2021年2月10日

 昭和大学病院における新型コロナウイルス感染症の発生状況についてご報告いたします。
 
 2月9日(火)に医師1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
 
 当該医師は2月8日(月)に発熱があり、9日(火)に抗原検査を行ったところ陽性と判明いたしました。その後のPCR検査においては陰性が確認されておりますが、念のため一定期間の就業制限を設けております。濃厚接触者に該当する患者さん及び職員はおりませんが、当該医師と接触のあった職員10名に対して、2月9日(火)、10日(水)にPCR検査を行った結果、10名すべての陰性を確認いたしました。

 また、2月10日(水)に看護師1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
 濃厚接触者1名、接触者22名を特定し、順次、PCR検査を実施しております。

 当該医師、看護師はそれぞれ別の部署で勤務しており、今回の感染の関連性は認められません。

 保健所と病院で協議の結果、当院で標準予防策が徹底されていることから、診療制限の必要はないとの判断ですので、当院といたしましては通常診療を継続いたします。
 
 患者さん・ご家族の皆様・近隣医療機関の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。
 
令和3年2月10日
学校法人 昭和大学

ページ先頭へ戻る

    • 昭和大学病院職員の新型コロナウイルス感染について
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8