ホーム > 受診のご案内 > ふたり主治医制度

ふたり主治医制度

ふたり主治医制度



 昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院では、「ふたり主治医制度」を推進しております。
「ふたり主治医制度」とは、患者さん一人に対し、当院の医師と地域の「かかりつけ医」が互いに連携しながら共同で継続的に治療を行うことです。
 患者さんは、かかりつけ医には日頃の健康管理(治療・予防)について相談していただき、入院や詳しい検査や治療が必要とされた場合は、かかりつけ医の紹介状を持って当院に受診していただきます。また、治療や状態が安定されましたら、当院よりかかりつけ医に紹介させていただき、治療を継続していただきます。
紹介状により主治医同士が情報を共有でき、患者さんは不要な検査や投薬を受けずに済み、どちらに受診しても適切な治療を受けることができます。
 患者さんに「ふたり主治医」を持ってもらい、それぞれの診療分担を明確にして協力体制のもと患者さんの健康管理を行い、安心して住み慣れた地域で医療を受けられるような地域医療連携を推進しています。

昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院の役割

 地域の基幹病院として、高度な医療を提供する高度急性期病院としての役割を担っています。
 「専門的な診療・検査」・「入院の受入れや手術」・「救急患者の受入れ」などを行います。当院で治療後、治療や状態が安定されましたら、当院よりかかりつけ医に紹介させていただき、治療を継続していただきます。
 また、病状が悪くなったとき、入院治療が必要になったときには当院で診療に当たらせていただきますので、ご安心ください。

ふたり主治医制度パンフレット

 昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院では、院内の総合案内、初診・医療連携窓口、各診療科の受付に患者さん向けのパンフレットを設置しています。

ふたり主治医制度パンフレット(243KB)

地域連携協力機関制度について

 当院では、地域の医療機関の先生方とより一層の連携を図り、地域医療全体の向上に寄与するとともに、患者さんへ最適な医療を提供することを目的とし、平成26年4月より「地域連携医療協力機関制度」を導入致しました。

 「地域連携医療協力機関制度」により、緊密に情報共有を行っている医療機関ネットワークを構築しております。かかりつけ医をお持ちでない方には、下記の「登録医療機関一覧」などから、ご自宅や勤務先のお近くの医療機関をお探しできます。
 また、昭和大学病院中央棟1階医療連携室でご相談いただけますのでお気軽にお声がけください。

ご登録いただいてる登録医療機関
品川区(416KB) ・大田区(399KB) ・目黒区(252KB) ・世田谷区(229KB)
上記以外の東京都(258KB)
他府県(221KB)

連絡先

ご不明な点は、昭和大学病院中央棟1階 医療連携室へお問い合わせください。
 
電話番号  03-3784-8400
FAX  03-3784-8822
受付時間  月曜~金曜 8:30~18:00
 土曜      8:30~17:00

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8