美容歯科

美容歯科 教授
真鍋 厚史

 昭和大学歯科病院美容歯科は、国内の大学で初めて「美容歯科」を標榜いたしました。
当科では、個室診療室もあり、患者さんときちんとカウンセリングを行い、治療をはじめますので患者さんのニーズに沿って診療を行っていきます。治療は各種ホワイトニングやセラミック修復物をはじめとする審美的材料を用いたものなど様々です。白くしたいけれど時間の余裕がない患者さんにはPMTC(専門家によるクリーニング)やオフィスブリーチング、または歯のマニキュアで歯を白くすることも可能です。近年ではホワイトニングと並行した口唇のエステの研究やより効果のあるブリーチング材の研究、審美的歯科材料やむし歯の研究を行っております。
 また、むし歯の診療では、生体に対する襲撃を最小限に抑えて最大の効果を得るいう考え方、つまりMinimal Intervention(MI)を診療に導入しています。20世紀末にむし歯の発生や進行、生体の防御機能が解明され、むし歯のリスク解析と予防法が示されました。飛躍的な進歩を遂げた接着材料や修復技術の改善とともにむし歯の処置法は大きく変化しています。むし歯による欠損を接着性修復材料で修復するだけではなく、より歯と区別がつかないように修復したり、むし歯の危険性(カリエスリスク)の診査や原因の除去、予防処置や生活習慣の問題点の改善、ホームケアまで積極的に行います。
 

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら
関連リンク
  • 美容歯科プライベートサイト

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1