ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > インプラント歯科

インプラント歯科

診療科長 教授
尾関雅彦

 虫歯や歯周病あるいは顎の病気や交通事故が原因で、歯や顎の骨を失って、ブリッジや入れ歯では快適な日常生活を過ごせない患者さんに対して、今日の歯科医療ではインプラントを用いることにより、とても満足して頂ける修復処置(補綴処置)が可能な時代になっています。
 私たちの講座は、歯をなくして困っている患者さんに、チタンやアパタイトでできているインプラントを顎の骨に埋め込み、その方にあった綺麗で噛みやすい快適な歯を作ることを専門としており、日々の研鑽を積んでいます。
 また昭和大学歯科病院インプラントセンターの運営を担い、臨床各科の専門医と協力して患者さんに満足して頂ける、より質の高い歯科治療を目指しています。
 講座のスタッフは、初めて診察する患者さんの術前診断から、インプラント手術や歯の修復(補綴)処置、さらには修復後のメインテナンスまで、インプラント治療のすべてを担当しており、インプラントを通じての患者さんとのお付き合いは一生涯にわたる覚悟で臨んでいます。
 昨年度より本学歯学部の教育カリキュラムには、4年生の講義と5年生の実習にインプラントが組み込まれています。日本の歯科大学の中では非常に先進的なことで、本学の卒業生がインプラントに関する正しい知識と技術を学び、“至誠一貫”を実践できる立派な歯科医師となるように、講座のスタッフ一同で励んでいます。
 どうか今後とも昭和大学のインプラント歯科学講座を宜しくお願い致します。 

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へインプラント歯科およびインプラントセンターをご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

インプラントセンターの外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1