ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > インプラント歯科

インプラント歯科

歯を失って困っている患者さんへ

診療科長 准教授
宗像 源博

むし歯や歯周病、事故等で歯を失ってしまいますと
①食物がうまくかめない・食物がつまる等の咀嚼の問題
②見た目が悪い・みっともない等の審美不良の問題
③うまくしゃべれない等の発音の問題
④歯が無くなった相手の歯や隣の歯が動く等の歯列不正の問題
等の障害が生じる場合があります。

歯がなくなった場合の治療方法とは

歯がなくなった場合の治療方法としましては、
①ブリッジ(両隣の歯を削ってつなげる方法)
②入れ歯(取り外し式の方法)
③インプラント(人工歯根を埋め込む方法)がありますが、
それぞれに長所と短所があります。
ブリッジ
 
入れ歯
ブリッジ 長所:保険適応可能であり治療期間が比較的短い
短所:両隣の歯を削る、支えている歯に負担がかかる
入れ歯 長所:歯を削る量は比較的少なく保険適応可能であり、治療期間が比較的短い
短所:取り外し式である、咬む力が減少する

インプラント治療とは

インプラント治療とは、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法であり、周りの歯の負担を軽減できることや取り外し式でなくなる、しっかり咬める等の優れた長所を有する治療法であります。
しかし、
①埋め込む手術をおこなわなければならないこと。
②治療期間が長くなること(骨移植等により治療期間が変わります)
③原則自費診療(1本約40万程度)別途再診料および検査料、消費税がかかります。
等の欠点があります。
したがって、初診時に全身のお身体の状態や費用等の充分なコンサルテーション(相談)とX線CT等の画像診査による骨量の測定や血液検査が必要となります。
インプラント

<インプラント治療の一般的な流れ>

①コンサルテーション(治療相談): インプラント治療の一般的な説明と患者さん個々の状態についてX線写真を用いた治療相談をいたします。
②X線CT検査(骨量や骨質): 顎の中の神経や血管、残っている歯の状態等を精査いたします。
③血液検査と治療方針の説明: CT検査による骨量等の状態や血液検査等による全身状態から、インプラント治療の適否および患者さん個々の治療計画をご説明いたします。
④インプラント埋入手術: 局所麻酔もしくは静脈麻酔にて手術をおこないます。
手術方法には1回で手術が終わる1回法と、歯ぐきの中に一度埋め込む2回法の方法がありますが、患者さんの骨の状態や入れ歯の使用状態によって異なります。
また、骨量が不足している場合には骨移植を行う場合があります。
⑤治癒期間: インプラントと骨が結合するまである一定期間待ちます(約3ヵ月~6カ月間)。
※患者さんの骨の状態によって治癒期間は異なります。
⑥インプラントの型どり: 特殊な器具を用いた型どりをおこないます。
⑦かぶせ物(上部構造)の装着: 仮の歯を入れてかみ合わせや清掃性を確認したあとで本歯を装着いたします。
装着方法にはセメントで止めるセメント固定とネジで止めるスクリュー固定があり、それぞれに利点と欠点がございます。
⑧メインテナンス: どんなにきれいな歯が入ったとしてもその後のお手入れやかみ合わせの調整をおこなわなければ悪くなってしまいます。そのために歯科医師と歯科衛生士による定期的なメインテナンスが必要です。
※患者さんのお口の状態や骨の状態によって治療期間は異なります。

インプラント治療の一般的な流れ

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へインプラント歯科およびインプラントセンターをご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

インプラント歯科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら
 
 

当科の予約変更について

インプラント歯科受付
 電話番号(直通):03-5498-1903

受付時間:月曜日~土曜日 9:00~16:00
休診日:日曜日、祝日、創立記念日(11月15日)、年末年始

初めて受診される方はこちらへ

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1
TEL 03-3787-1151(代表)