診療科概要

診療内容

歯周病科では、歯周病の予防・治療(再生治療)、歯周病により低下した噛む機能の回復と維持管理を行っています。
  • 歯周病予防・治療:歯周病の発症や重症化を抑制するための治療
  • 歯周組織再生療法:歯周病により失われた歯周組織(歯を支える組織)を再生させるための外科処置
  • 歯周審美外科治療:歯周病により審美性が損なわれた歯茎の形態を改善するための外科処置
  • 歯周補綴治療:歯周病により低下した噛む機能を回復させるためのかぶせ物や入れ歯を作る処置(冠、ブリッジ、入れ歯等の装着)
  • メインテナンス:歯周病の再発の予防と歯周病の治療により回復した噛む機能の維持管理

特徴

 現在、わが国の成人の7割以上の人は歯周病に罹っています。
 歯周病は、歯周病の原因となる細菌が骨を含めた歯を支える組織(歯周組織)に起こす慢性の感染症(炎症)で、時間の経過と共に歯周組織が破壊され、歯がぐらぐらになって噛む機能が低下する病気です。
 また近年は、全身の病気と歯周病との関連性が指摘されています。例えば、糖尿病に罹患している場合、歯周病が進行しやすく、治りにくいことが明らかになってきました。一方、歯周病に罹患している場合、糖尿病に悪影響を及ぼすこともわかってきました。したがって、歯周病の予防・治療は、お口の中や全身の健康の維持において重要です。


そこで、歯周病科では
  • 患者さんの虫歯・歯周病・噛み合わせ・歯並び・歯ぎしりなどのお口の中の状態や生活習慣病などの全身的な状態に応じて、予防・治療を行っています。
  • 一口腔単位で、歯周病の治療を含めた包括的な歯科治療を行っています。
  • 一般的に、歯周病治療を行う中で歯石等が除去できない場合は、歯周外科手術を行うことがあります。歯周外科手術のうち歯周組織を再生させるための外科処置として、歯周組織再生誘導法(GTR法)と歯周組織再生剤リグロスとエムドゲイン®(先進医療:歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法)を行っています。
      歯周組織再生剤リグロスを用いた外科処置は、歯周外科手術の際に、歯周病に侵された歯根表面に細胞を増やす成長因子を主成分とした歯周組織再生医薬品を用いて、破壊された歯周組織の再生を図る治療法です。低侵襲な治療法ですが、すべての患者さんのケースにできるものではありません。また、悪性腫瘍がある患者さん又はその既往歴のある患者さん、リグロスの成分に対して過敏症の既往歴のある患者さんには使用できません。
     
    バイオ・リジェネレーション法は、歯周外科手術の際に、歯周病に侵された歯根表面にエムドゲイン®というタンパクを主成分とした生物材料を用いて、破壊された歯周組織の再生を図る治療法です。厚生労働省から先進医療の実施承認を受けています。低侵襲な治療法ですが、すべての患者さんのケースでできるものではありません。
 
  上記の歯周組織を再生させるための歯周外科手術が可能かどうかは、検査結果より総合的に判断するため電話でのお答えはいたしかねます。ご不明な点につきましては、病状を把握している歯周病科担当医にお尋ね下さい。
 
 
  • 最先端の機器の導入や新しい治療法の開発を積極的にすすめています。
    ●細菌学的検査システム
    ●口臭測定器(口臭専門の治療はしていません)
    ●歯肉溝滲出液量測定器
    ●Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザー
    ●エアスケーラー(ペースメーカーを埋め込まれている方でも安心して治療を受けて頂けます)
    ●静脈内鎮静法を併用した歯周外科手術(麻酔科の歯科医師の協力の下、手術に対する患者さんの不安や苦痛を和らげる方法も取り入れています)

診療実績

保険診療による歯周外科手術等 (2017年4月1日~2018年3月31日)
処置名 件数
歯肉剥離掻爬術(フラップ手術) 139
フラップ手術のうちリグロスを用いた処置 73
歯周組織再生誘導手術(GTR法) 2
骨移植術を伴う歯肉剥離掻爬術 3
歯肉弁根尖側移動術 13
歯肉弁歯冠側移動術 3
歯肉弁側方移動術 1
遊離歯肉移植術 12
歯根分割掻爬術 9
ヘミセクション(分割掻爬) 31
歯の再植術 1
小帯形成術 1

先進医療による歯周外科手術 (2017年4月1日~2018年3月31日)
処置名 件数
バイオ・リジェネレーション法 (エムドゲイン) 28

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1