ホーム > 採用情報 > 令和2年度 臨床研修歯科医 説明会・見学会の募集を締め切りました

令和2年度 臨床研修歯科医 説明会・見学会の募集を締め切りました

令和2年度 昭和大学歯科病院臨床研修歯科医募集要項

昭和大学歯科病院では、広く臨床研修歯科医を募集します。
出身大学を問わず、臨床に対する熱意のある方の応募をお待ちしております。

Ⅰ.説明会・見学会

説明会・見学会

 本学学生対象の説明会
 日  時:令和元年6月8日(土)
 場  所:昭和大学旗の台校舎4号棟
 
 他大学学生対象の説明会
 日  時:令和元年6月15日(土) 14:00 (受付13:30)
 場  所:昭和大学歯科病院 1号棟6階臨床講堂
 申込方法:参加希望者は、申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXにて6月7日(金) までにお申込下さい。
 F A X :03-3787-1229 (代表)
 ※個人的な見学には対応しておりませんのでこの機会をご利用下さい。

Ⅱ.募集要項

1.昭和大学歯科病院(臨床研修施設群の管理型臨床研修施設)
  1)開設者名 : 学校法人昭和大学
2)管理者名 : 病院長 馬場 一美
3)所在地  : 〒145-8515 東京都大田区北千束2丁目1番1号
          ℡ 03-3787-1151
    東急目黒線 洗足駅 徒歩3分
東急大井町線 北千束駅 徒歩5分
東急バス 大森91系 洗足駅入口 徒歩1分
  4)施設の概要
    歯科医師数 約165名(内指導医数約61名)
ユニット・チェアー数 166台、病床数 22床
平成30年度一日平均入院患者数 12.5名
平成30年度一日平均外来患者数 773.2名
  5)施設の沿革・特徴
     昭和大学歯科病院は、医系総合大学である本学歯学部の附属病院として、昭和52年3月に開設された。以来、気鋭の専門スタッフと最新の機器を整備しながら、年々内容の充実に努め、学生の歯学教育と地域歯科医療の向上に貢献している。
2.歯科医師臨床研修プログラムの目的と特徴
   昭和大学歯科病院における歯科医師臨床研修プログラムは、国民から信頼され、その信頼に応えられるような質の高い高度な倫理観を持った第一線の歯科臨床医を育成するとともに、高度の専門医を育成するにあたって共通して求められる基礎的な知識、技能、態度を身につけ、生涯にわたって学習・研鑽し続ける習慣を培うことを目的とする。
管理型研修施設では、全診療科協力の下で患者を全人的にとらえ、多岐な視点から得られた情報を理解して総合的な治療方針を立案するとともに、一般歯科診療の基本的な診療技術能力養成を目標としている。
 また、協力型研修施設では、特色ある各診療室の歯科診療を通して地域歯科保健活動を理解し、医療連携の重要性を認識しながら基本的な診療技術能力の養成を目標としている。
全研修期間を通して、各プログラムの指導スタッフが研修の進捗状況と研修医のメンタルケアを考慮しながら担任指導医として研修医を支援する。
 
  1)研修期間  
    研修期間は1年とする。
 
  2)研修方式
    プログラムA(臨床研修施設群方式)
       歯科病院を管理型臨床研修施設とする臨床研修施設群方式で、管理型研修施設で6ヶ月間、協力型研修施設で6ヶ月間研修します。
 管理型臨床研修施設では、総合診療部門である美容歯科、歯内治療科、歯周病科、補綴歯科、高齢者歯科、総合診療歯科、地域連携歯科の7部門、専門診療部門である口腔外科、矯正歯科、小児歯科、歯科麻酔科、口腔リハビリテーション科、歯科放射線科、インプラント歯科、障害者歯科、顎関節症治療科、の9部門、計16部門のいずれかで一般歯科診療の習得あるいは専門診療部門における一般歯科診療の位置付けと医療連携を習得するために6ヶ月間研修します。
 また、協力型臨床研修施設では、特色ある各診療室の歯科診療を通して、地域歯科保健活動を理解し、医療連携の重要性を認識しながら一般歯科総合治療を習得するために6ヶ月研修します。
短期必修研修
 管理型研修施設での研修中に、口腔ケアセンター研修で医科一般病床における口腔のケアを、全身管理研修で歯科外来あるいは病棟における全身管理を経験するとともに、画像診断研修でX線画像に関わる診断の基礎を習得します。(一部専門診療科で研修する研修医は研修内容が重複するため、必修研修の対象外とします。)
選択研修
 臨床セミナー(臨床特論)を年間34回準備します。管理型研修施設での研修中に、希望するセミナーを選択して受講することができます。

 
    プログラムB(単独型研修方式)
       歯科病院を単独型臨床研修施設とする単独型研修方式で12カ月の臨床研修を実施します。
 単独型臨床研修施設では、総合診療部門である美容歯科、歯内治療科、歯周病科、補綴歯科、高齢者歯科、総合診療歯科、地域連携歯科の7部門のいずれかで一般歯科総合治療習得のための6ヶ月間研修と専門歯科診療部門である口腔外科、矯正歯科、小児歯科、歯科麻酔科、口腔リハビリテーション科、歯科放射線科、インプラント歯科、障害者歯科、顎関節症治療科、の9部門のいずれかで専門診療科における一般歯科診療の位置付けや医療連携を習得するための6ヶ月間研修を組み合わせて研修します。

短期必修研修
 管理型研修施設での研修中に、口腔ケアセンター研修で医科一般病床における口腔のケアを、全身管理研修で歯科外来あるいは病棟における全身管理を経験するとともに、画像診断研修でX線画像に関わる診断の基礎を習得します。(一部専門診療科で研修する研修医は研修内容が重複するため、必修研修の対象外とします。)
選択研修
 臨床セミナー(臨床特論)を年間34回準備します。管理型研修施設での研修中に、希望するセミナーを選択して受講することができます。
 
  3)臨床研修実績
    平成30年度研修修了者:77名
平成31年度研修医在籍者:91名
研修医の主な出身大学名:
昭和大学歯学部、岩手医科大学歯学部、明海大学歯学部、日本大学松戸歯学部、九州歯科大学、徳島大学歯学部、鶴見大学歯学部、神奈川歯科大学、福岡歯科大学、日本大学歯学部、大阪歯科大学歯学部、朝日大学歯学部、東京歯科大学、日本歯科大学、愛知学院大学歯学部、長崎大学歯学部、日本歯科大学新潟歯学部、岡山大学歯学部、広島大学歯学部、奥羽大学歯学部、北海道医療大学歯学部、鹿児島大学歯学部、松本歯科大学など
 
3.募集人数 : プログラムA 50名、プログラムB 50名
 
4.応募資格 : 令和2年度歯科医師免許取得見込者のうち、歯科医師臨床研修マッチングに参加する者
 
5.研修医採用説明会、病院内見学会: 令和年6月15日(土)
6.出願書類 : 臨床研修歯科医願書(縦4cm横3cm写真添付 本学指定の書式を使用)
  臨床実習期間の出欠席日数を明記した書類、または、出身校からの推薦書 (本学出身者は免除)
卒業(見込)証明書 (本学出身者は免除)
成績証明書(本学出身者は免除)
 
7.出願期間 : 令和元年6月17日(月)~6月24日(月)必着

8.選考日 : 令和元年7月6日(土)

9.選考方法 : 面接、学識試験

10.選考場所 :昭和大学(東京都品川区旗の台1丁目5番地8号) 12時30分集合
 
11.処遇
  身分:臨床研修歯科医(常勤)
勤務:8:30~17:00
休日:日曜日、祝日、本学が定める休業日
社保:日本私立学校振興・共済事業団
手当:150,000円
宿舎:あり
 
【出願書類提出先・問合せ先】
  昭和大学歯科病院 歯学教育研修センター
〒145-8515 東京都大田区北千束2丁目1番地1号
TEL 03-3787-1151(代表) FAX 03-3787-1229(代表)
E-Mail 歯学教育研修センター dkenshu@ofc.showa-u.ac.jp
*出願書類は簡易書留で郵送して下さい。
臨床研修歯科医願書の書式(ダウンロードをお願いします)
 MS-Word版  PDF版 
       

 
 

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1