ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 診療科概要

診療科概要

診療体制

私たちの診療科は関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどのリウマチ・膠原病疾患全般を専門としております。とくに急性あるいは慢性的な関節・筋症状(疼痛や腫脹など)や発熱、あるいはこれらに付随した皮膚などの全身的な結合組織の症状のある症例です。リウマチ・膠原病分野における診断方法や治療戦略などには“パラダイムシフト”と呼ばれるような劇的な変化が起こってきており、いままで治療に抵抗するような症例にも良好な結果がもたらされております。とくに関節リウマチは病気としての一般的な認知も大変進んできており、早期から専門医療機関を受診される方も多くなってきております当診療科では日本リウマチ学会の専門指導医を中心に毎日外来診療を行っており、どの外来においてもリウマチ・膠原病疾患全般につき診療を行っております。
外来は基本的には予約患者優先となっておりますが、随時紹介患者さんや初診患者さんを診察しています。また近隣医療機関からの入院依頼についても積極的に受け入れています。入院診療体制は専門医を中心に3人~4人の医師でグループを構成して診療しております。毎週水曜日に外来初診患者および入院患者全員についてカンファレンス・回診を行い、治療方針を決定しています。また、班長を中心に毎朝カンファレンスを行い、最良の治療方針を検討しております。

治療方針

当診療科に関連する疾患(関節リウマチやSLEなど)の治療は新規の分子を治療標的とする抗サイトカ イン製剤などの開発により日進月歩の進化を遂げております。そのため当科の治療方針は国内あるいは国 外の診断治療ガイドラインを基本に、当診療科において行われている新規治療法や最先端の臨床試験など を参考に各症例に最良の治療方針を患者との同意の上に決定しております。

特徴的な診療領域

関節リウマチについては、MTX(メトトレキサート)を中心とした抗リウマチ薬を使用するのみならず、インフリキシマブ、エタネルセプト、トシリズマブ、アダリムマブ、アバタセプト、ゴリムマブ、セルトリズマブペゴルなどの生物学的製剤を比較的早期から積極的に投与しており、多くの患者さんが寛解状態になっております。また関節リウマチ以外の膠原病(自己免疫性疾患)については標準的ステロイド治療に加えて免疫抑制剤(シクロフォスファミド、シクロスポリン、アザチオプリン、タクロリムス、ミコフェノレートモフェチル、リツキシマブなど)も併用し、また必要に応じて大量ガンマグロブリン療法や血漿交換療法を併用するなどの総合的治療を行っており、治療成績の改善や入院期間の短縮化が得られています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院附属東病院 All Rights Reserved.
〒142-0054 東京都品川区西中延2-14-19