ホーム > 診療科のご案内 > センター一覧 > ブレストセンター

ブレストセンター

診療体制

   乳がんは、治療方法が年々複雑になっているため、高い専門性が要求されるようになりました。ブレストセンターでは質の高い医療を安心して受けていただける部署です。センター内には診察室のほか、最新の画像診断装置が配置され、診察や検査を速やかに受けることができます。細胞診や針生検などの乳房組織生検もセンター内で行うことが可能です。
   また、最新の医療を効果的に受けていただけるよう、昭和大学ブレストセンターをはじめ、昭和大学江東豊洲病院や昭和大学横浜市北部病院と連携しています。乳がんの治療では、長期の通院・経過観察が必要となりますので、近隣の先生方とも密に連携して診療を行います。
   

特色

個々のプライバシーに配慮し、個室タイプの診察室で診察を行います。
また、看護師からの説明なども個室で行いますので、ご心配な点があればお気軽にお声がけください。

診断装置

・マンモグラフィ:最新のデジタルマンモグラフィ装置を設置し、女性技師が撮影します。
・乳房超音波:エラストグラフィのほか、最新の磁気ナビゲーションによる画像融合機能を搭載しています。
・超音波ガイド下針生検/吸引式針生検(マンモトーム):超音波で検出する病変に対して行う組織検査です。
・ステレオガイド下吸引式針生検(マンモトーム):マンモグラフィで検出する石灰化病変に対して行う組織検査です。

治療

   チーム内で治療方法を検討しており、がんの大きさや特徴によって、手術・薬物療法・放射線治療を組み合わせ、最適な治療を提供します。
   手術に際しては、乳房MRIで“がん”の広がりを把握し、切除可能であれば乳房を温存する方法を提示します。一方で、広がり方によって乳房切除が望ましい場合には、形成外科と連携して保険診療での同時乳房再建を積極的に行っています。
   手術後の抗がん剤治療の適応については、オンコタイプDx(自費検査)で再発する可能性と抗がん剤の治療効果を評価して決定することもあります。薬物療法は、ガイドラインに沿った標準治療をもとにし、患者さんの希望に沿った治療を行います。抗がん剤治療などでは多くの不安を伴いますが、医師・がん化学療法認定看護師・薬剤師がひとりひとりをサポートし、安全に治療が行えるように努めています。また、若年者の薬物療法では、一度卵巣機能を失うと回復が極めて困難であることから妊娠に関する情報提供を行い、その問題を考える機会を失わないよう配慮しています。

遺伝子カウンセリング

   血縁者の中に乳がんや卵巣がんの方がいる場合や若年者の場合には、がんの発症に関わる遺伝子の情報を得て、具体的な対策を考えることがあります。
   遺伝性乳がんが疑われる方は遺伝カウンセリングの受診をお勧めし、専門の医師が家族性・遺伝性のがんや遺伝子検査に関するご質問などに丁寧に対応します。カウンセリングの結果、本人の意思によってBRCA1/2遺伝子検査(自費診療)を受けることも可能です。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30