ホーム > 診療科のご案内 > センター一覧 > 脳卒中ケアユニット(SCU)

脳卒中ケアユニット(SCU)

SCUとは脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)急性期の患者さんを、専門医療スタッフがチームを組んで計画的に診療を行う治療室です。
当施設では、2012年4月に脳卒中ケアユニット(SCU)3床を開設致しました。SCUでは脳卒中専門医をはじめとする専門スタッフによる治療のほか、3対1の濃厚な看護、早期からのリハビリテーションを受けることが可能であり、急性期脳卒中の診療をさらに充実したものとし、より質の高い医療を提供できるものと考えております。現在、血管の閉塞による脳梗塞では、血栓を溶かす薬による点滴治療(血栓溶解療法)のほか、血管にカテーテルを通して血管を拡張したり血栓を除去したりする治療(血管内治療)が施行可能です。一方、治療過程の判断がとても複雑であることに加え、このような高度医療は超急性期の限られた時間内に行う必要があり、脳卒中の治療は時間との闘いでもあります。このため、救急隊からのスムーズな受け入れを実現すべく、脳卒中ホットラインも設置致しました。専用ホットラインの設置により、地域における救急医療への一層の貢献を目指してまいります。


搬送から入院治療までの流れ 搬送から入院治療までの流れ
 

SCU スタッフ

SCUカンファレンスの様子
SCUカンファレンスの様子
  • 神経内科医
    (神経内科専門医・脳卒中専門医・脳血管内治療専門医)
  • 脳神経外科医
    (脳神経外科専門医・脳卒中専門医・脳血管内治療専門医)
  • 薬剤師
  • 看護師
  • リハビリテーションスタッフ(理学療法士)
  • 事務職員
  • 医療ソーシャルワーカー
SCUスタッフ
SCUスタッフ

管理運営

SCU委員会:月1回

会員構成:神経内科医、脳神経外科医、リハビリテーション科医師、薬剤師、看護師、理学療法士、栄養士、医療ソーシャルワーカー、地域連携職員、事務職員

SCUカンファランス:月曜~金曜朝

参加スタッフ:神経内科医、脳神経外科医、リハビリテーション科医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、事務職員

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30