ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 耳鼻咽喉科 > 睡眠時無呼吸外来(水曜日 午後)

睡眠時無呼吸外来(水曜日 午後)

睡眠時無呼吸外来とは

睡眠時無呼吸症候群は日中傾眠を主症状とする症候群ですが、交通事故にはじまるさまざまな社会的影響を及ぼす症候群として世間一般に広く知られています。その中でも閉塞性睡眠時無呼吸症候群OSASは鼻咽腔・喉頭の構造及び疾患が深く関与しており我々耳鼻咽喉科医が果たす役割は大きいとされています。

治療内容

当科での検査は、一般的に行われているアプノモニターだけでなく、より正確な睡眠時無呼吸検査として平成16年4月よりポリソムノグラフィー(PSG)を導入しております。検査結果をもとに、減量指導・口腔内装置治療・手術的治療に加えOSASに対し広く有用性が確認されている経鼻的持続陽圧呼吸療法を行なっております。

予約方法

まず初診を受診していただき、必要な検査を行った後に専門外来へ予約を取らせていただきます。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30