ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 腎臓内科 > 慢性腎臓病外来

慢性腎臓病外来

慢性腎臓病とは

 慢性腎臓病は腎臓疾患や全身性疾患を原因として発症し、生活習慣病をはじめとしたさまざまな要因が進行に深く関わっています。健診を受けるだけでは慢性腎臓病を発見できても、進行を防ぐことはできません。近年医療の進歩により治療可能な腎臓疾患が増えていますが、生活習慣や生活習慣病の適切な管理によって慢性腎臓病の進行や予防を効果的に実践することが可能となっています。通常の限られた時間内での診療では、慢性腎臓病の予防や腎臓疾患に関する詳細な説明を十分に情報提供することは困難です。
 また、腎機能が進行した場合にどのような治療方法を受ける必要があるのか、その治療法の具体的な内容や選択する際の基準などがわからず、患者さんの中には疑問や不安を抱えて生活を送られている方も多く見られます。
 そこで、腎臓内科では慢性腎臓病や透析療法に関する正しい知識を患者さん、ご家族に広く情報提供することを目的として、腎臓専門医が直接説明を行う外来を開設しております。ご希望の方はどうぞご利用くださるよう、お願いします。
 

診療内容

 慢性腎臓病の現在の状態や治療内容をご理解いただき、患者さんに適した効果的な管理方法を相談していただきます。また、現在慢性腎不全で、今後透析療法が必要と言われている方に対しては、各治療内容について詳しく説明し、疑問や質問に答えながら今後の治療内容を約30分かけてご理解いただく外来です。

予約方法

 隔週(1,3,5週)金曜日の午後2~4時の枠で予約制です。受診を希望される方は、外来主治医にお申し出て、外来主治医を通じてご予約ください。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30