腎臓内科


診療科長 教授
小岩 文彦
 当院腎臓内科は昭和50年の開院から、最新の治療法を取り入れながら地域の中核病院として皆様に満足いただけるような高度な医療を提供しています。主な疾患は糸球体腎炎などの慢性腎臓病、急性腎不全や慢性腎不全などの各種腎疾患、血液透析や腹膜透析療法を中心とした血液浄化療法、電解質異常や高血圧、糖尿病に合併した腎合併症、リウマチ・膠原病などの様々な疾患に広く対応しています。
 特に腎臓疾患は積極的な治療に加えて進行、重症化を防ぐ予防が重要であり、IgA腎症に対する扁桃腺摘出+ステロイド療法、腎臓病に対する食事療法を積極的に導入して充実した治療、予防管理を実践しています。また通常の外来の他に、慢性腎不全の治療を選択する療法選択外来、多発性のう胞腎や膠原病の専門外来を開設し、近隣の医療機関との連携を構築しています。
 今後も引き続き地域の皆様に貢献し、優れた腎臓内科医を育てて質の高い医療を提供することにより、地域の先生方とともに腎臓病診療の充実を図っていきますので、よろしくお願いします。
 

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30