ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 呼吸器内科

呼吸器内科


診療科長 准教授
鹿間 裕介
   当科における診療対象疾患としては、間質性肺炎や慢性閉塞性肺疾患(COPD)といった慢性進行性の呼吸不全をきたす疾患や、アレルギー疾患である気管支喘息、また肺炎、非結核性抗酸菌症などの感染症や、さらに近年増加の一途をたどる肺癌など多岐にわたっています。

   間質性肺炎については、これまで治療法がないとされていましたが近年、抗線維化薬の導入により疾患の進行を抑え、増悪の頻度が下げられるようになってきました。COPDや喘息についても長時間作用性気管支拡張薬や吸入ステロイドなど、より安全でより治療効果の高い吸入療法や抗体療法を用いた重症喘息に対する治療が可能になっています。当科ではこうした最先端の治療を積極的に取り入れ、より良い診療に取り組んでいます。さらに肺癌の内科治療については、これまで化学療法が中心であったものが、遺伝子検査の検討により分子標的薬が第一選択薬となりさらに免疫チェックポイント阻害療法といった新たな治療法が可能となり治療成績を上げています。肺癌の治療方針については腫瘍内科、呼吸器外科、放射線科からなるキャンサーボードで決定し、個々の患者さんに最適な治療を行っています。また、近年高齢化社会となり嚥下性肺炎が急増し、その対応が必要になっています。当科では救急科や隣接するリハビリテーション病院とも協力し、急性期から慢性期にわたりスムーズな連携ができるよう努力しております。

   当科受診の際は、かかりつけ医先生と相談され、紹介状やレントゲン等の資料をご持参の上受診してくださるようお願い申し上げます。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30