麻酔科

 
診療科長 教授
桑迫 勇登
昭和大学藤が丘病院は、東急田園都市線藤が丘駅前に位置し、都心と神奈川県を結ぶ幹線道路国道246号線にも近く、東名高速横浜青葉インターから車で5分と交通に至便であり、発展を続ける周辺地域から生じる多様な医療需要に応える地域の中核病院として、また、大学病院として高度な先進医療を提供する役割を担っています。当院は、昭和50年7月に開院以来、臓器別、専門性の高い医療を展開しており、昭和60年4月からは神奈川県下で第5番目の救命救急センターを開設し、横浜市だけでなく、広く県北部と隣接地域をカバーする第三次救急医療施設としての役割をはたしております。周辺地域の発展とともに施設機構の拡充整備を重ね、現在、許可病床数584床を有しています。

今日では、安全性の高い麻酔薬が多数開発され、実際に病院において使用されています。しかし、全ての薬がそうであるように、麻酔薬にも副作用があります。麻酔科医は、患者様の病状をよく理解してそれぞれの麻酔薬の欠点を補って安全に麻酔を行うため、いくつかの麻酔薬や麻酔補助薬(鎮痛薬や筋弛緩薬など)を併用して麻酔を行います。また、麻酔を行うための装置や器具、患者さんの状態を監視する装置などが改良され、麻酔科専従医が実際に麻酔を担当する場合には、麻酔による危険性はきわめて少なくなりました。したがって、現在では安心して麻酔を受ける事ができます。しかし、手術の種類や患者様の手術前の状態によっては、必ずしも安全とは言い切れない場合もあります。麻酔という医療行為はもともと身体に対して抑制的に作用するものであり、危険性が全くないとは言えません。手術によって生じる痛みから患者様を守るために麻酔薬を投与したときに、患者様にとって好ましくない状態(血圧低下、脈拍数の異常、悪心、興奮など)が見られることがあり、とくに特殊な病気や手術の危険度が高い患者様では、予想もできないような突発的で重篤な変化が起こることもあります。しかし、心配されることはありません。私たち麻酔科医は手術中は常に患者様の側におり、細心の注意を払って、患者様の安全を守っております。

 

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30