ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 脳神経外科

脳神経外科

24時間・365日断らない“最善の脳卒中医療”を実践しています


診療科長 教授
寺田 友昭

当科の特徴は「脳神経血管内治療」を主体とした脳神経外科診療です。
科長の寺田は、日本脳神経血管内治療学会の指導医・理事、日本血管内治療学会の理事、脳卒中の外科学会の運営委員・指導医を歴任するとともに、LINNC及びALICE等の国際学会でも要職についており、日本を代表する脳神経血管内治療医の一人であると自負しております。個人としての血管内治療総数は3,000例を超え、関東圏はもとより、全国より治療困難な患者様の紹介を頂いております。
また、当科のスタッフのうち7名は、脳外科専門医に加え脳神経血管内治療専門医も取得しており、神奈川県でも最も大きな脳神経血管内治療センターの一つです。
脳動脈瘤、脳および脊髄動静脈奇形、硬膜動静脈シャント、内頸動脈閉塞、狭窄等の脳主幹動脈閉塞性病変、頭頚部血管腫等で治療をお考えの方、特に上記の疾患で治療困難といわれている方は、是非一度受診してください。

当科の強み
1.24時間、365日体制ですべての脳卒中に対応
            特に超急性期の再開通療法、破裂急性期脳動脈瘤治療

2.世界トップレベルの血管内治療を提供
            治療困難な脳血管障害に対する脳血管内治療に対応します。
            フローダイバーターを用いた巨大脳動脈瘤の治療
            脳動静脈奇形に対するONYXを用いた塞栓術、摘出術
            硬膜動静脈シャントに対する塞栓術
            脳腫瘍では、できる限り塞栓術を行い、出血しない状態での摘出術

3.開頭手術、血管内治療、内科的治療を組み合わせた最良の治療を提供
            特に治療困難といわれた方は、是非ご相談ください。

研修・教育施設認定について
下記のとおり、施設認定されております。
  • 日本脳神経外科学会認定 研修施設        【施設番号:237】 ※専門医取得可能
  • 日本脳血管内治療学会認定 専門医研修施設  【施設番号:14-13】 ※専門医取得可能
  • 日本脳卒中学会 研修教育病院           【認定番号:第103号】 ※専門医取得可能
  • 横浜市青葉地区における3次救急疾患受け入れ指定施設
当院で、研修、専門医取得をお考えの先生は、いつでもご相談ください。
脳神経外科医局 Email : nsfujigaoka@med.showa-u.ac.jp

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療担当医紹介

当科の診療担当医をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30