診療体制

診療概要

ブレストセンター内には、診察室のほか、マンモグラフィ・超音波装置・処置室を配置しています。センター内で検査衣に着替えた後、一連の診察や検査を速やかに受けることができます。細胞診や針生検などの乳房組織生検もセンター内で行うことが可能です。
また、最新の医療を効果的に受けていただけるよう、昭和大学病院ブレストセンターをはじめ、昭和大学江東豊洲病院や昭和大学横浜市北部病院と連携しています。各職種、各病院が専門性を発揮し責任を持ち協働して医療を提供することにより、患者の価値観に照らし合わせ、患者の満足度をより高める医療を実践しています。

主な診療内容

診断

  • マンモグラフィ:最新のデジタルマンモグラフィ装置を設置し、女性技師が撮影します。
  • 乳房超音波:エラストグラフィのほか、最新の磁気ナビゲーションによる画像融合機能を搭載した超音波診断装置を導入しています。従来の超音波では検出するのが難しい病変を検出したり、乳癌手術の切除範囲をより正確に決定したりすることができます。
  • 超音波ガイド下針生検/吸引式針生検(マンモトーム):超音波で検出する病変に対して行う組織検査です。
  • ステレオガイド下吸引式針生検(マンモトーム):マンモグラフィで検出する石灰化病変に対して行う組織検査です。(平成29年度導入予定)

治療

チーム内で情報を共有し治療方法を検討しており、がんの大きさや特徴によって、手術・薬物療法・放射線治療を組み合わせ、最適な治療を提供します。
手術では、がんの大きさや広がり方によって乳房切除が望ましい場合があり、形成外科と連携して保険診療での同時乳房再建を積極的に行っています。
手術後の抗がん剤治療の適応については、必要に応じてオンコタイプDx(自費検査)で再発する可能性と抗癌剤の治療効果を評価して決定します。

遺伝カウンセリング

血縁者の中に乳がんや卵巣がんの方がいると、遺伝の可能性を心配される方が少なくありません。現在は、遺伝子の情報を得ることにより、具体的な対策を考えることができるようになってきました。
遺伝性乳がんが疑われる方は遺伝カウンセリングの受診をお勧めし、専門の医師が家族性・遺伝性のがんや遺伝子検査に関するご質問などに丁寧に対応します。カウンセリングの結果、ご本人の意思によってBRCA1/2遺伝子検査(自費診療)を受けることも可能です。

セカンドオピニオン(セカンドオピニオン:保険診療外(自費))

現在の主治医から提示された診断、治療方針に対して、他の医療機関の意見も参考として治療法を決定したい方へ向けた相談を受け付けています。
十分にご相談の時間をとるために、あらかじめ診療情報提供書・画像データをご用意いただきますようお願いいたします。

中村清吾教授のセカンドオピニオン外来

心のケア

乳がんと診断された時、多くの方が不安や気持ちの落ち込みを経験します。症状によっては必要な検査や治療が受けられなくなるため、心のケアが必要です。専門の医師や看護師による緩和ケアチームやがん相談窓口での相談が可能ですので、ご遠慮なくお申し出ください。

診療担当医師紹介

医師名 役職 専門分野 資格
榎戸 克年 講師  乳腺外科 日本外科学会:指導医・専門医
日本乳癌学会:専門医
日本超音波医学会:専門医
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
松宮 彰彦 講師  乳腺外科 日本外科学会:専門医
日本消化器外科学会:認定医
日本乳癌学会:認定医
日本消化器内視鏡学会:専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
金田 陽子 助教  乳腺外科 日本外科学会:専門医
日本乳癌学会:専門医
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
検診マンモグラフィ読影認定医

松柳 美咲
 
助教   検診マンモグラフィ読影認定医

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30