ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 放射線治療科

放射線治療科

放射線治療科は放射線治療器から出る放射線を用いて治療を行う診療科です。
放射線治療は、臓器の機能と形態を温存し、発病前の健康状態を維持したいという希望に応えられる治療法です。
対象となる疾患は、がんを含めた悪性腫瘍を主とし、ケロイドや甲状腺眼症などの良性疾患にも治療を行っています。
特に悪性腫瘍に関しては、ほぼ全ての疾患に対して、「治癒を目指す治療」や「症状を緩和する治療」など幅広い役割を担っています。
放射線治療器は、2016年12月に最新の治療器に更新され、放射線(エックス線と電子線)の最新技術を駆使した、より侵襲の少ない治療法を実践出来る環境になっております。

放射線治療は、担当する診療科の医師、放射線治療医、技師、物理士、看護師がチームとなって行う医療ですので、お互いの情報をカンファレンスや連絡会を通じて直接密に共有し、より安全で効果の高い治療を提供できるように日々努力しております。
安全管理に関しましても、機器点検、カンファレンス、安全管理委員会、品質管理委員会、部門会を日々開催し、より効率的で安全な治療を行える環境を整えていけるように取り組んでおります。

受診される患者様へ

放射線治療開始までの流れ

1) 放射線治療医の診察
放射線治療についてご説明いたします。
(治療方法、開始時期、回数、副作用など)

2) 放射線治療を実施するためのCT撮影(コンピュータ断層撮影)
(ア) 放射線治療を行う際と同じ姿勢や状態でCT撮影を行います。
(イ) 撮影の際に、位置あわせの目印として、体に直接印をお書きします。(治療部位によっては、印をお書きしないことがあります。)

3) 放射線治療開始
(ア) 疾患や患者様ごとに治療方法や回数は異なりますが、治療回数の多くは、数回から約40回までの治療です。
(イ) 放射線治療は、通常月曜日から金曜日までの週に5日間、1日に1回治療を行います(土日祝日はお休みです)。1回の治療時間は約10分から15分で(特殊治療では1時間ほどかかる場合もあります)、治療中は特に痛みなどは感じません。


一旦治療を開始しますと、土日祝日以外は毎日来院していただき、連続して治療を受けていただく必要がありますが、詳細につきましては担当の放射線治療医にご質問ください。

2016年12月に最新放射線治療装置への入れ替えを行い、最新の放射線照射(強度変調放射線治療(Intensity modulated radiation therapy: IMRT)、定位放射線治療)を行うことが可能になりました。
IMRTは、前立腺癌や頭頸部癌で主に用いられる放射線治療法です。正常臓器の放射線量をより低減し、腫瘍にはより多くの放射線量を照射することが可能な照射方法で、副作用を増加させることなく、より強い放射線を腫瘍に照射することが可能となりました。
定位放射線治療は小さな肺癌や脳転移巣に対して、一回に大量の放射線をピンポイントで照射する技術です。

放射線治療の一般的な治療方針につきまして、セカンドオピニオンもお受けいたしております。受診に際しましては、お手数ですが一度放射線治療科外来までお電話を頂き、担当の放射線治療医から必要な書類(紹介状など)や検査データについてお問い合わせいただき、ご予約いただければと思います。

当科では入院での治療は行っておりませんので、入院が必要な場合や入院をご希望される場合には、当院当該診療科にご紹介することがございますので、ご了承ください。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30