整形外科

診療科長 准教授
神﨑 浩二
    当科は昭和大学藤が丘病院の開設と同時に発足し、平成27年で40年を迎えました。黒木良克先生(現名誉教授)を初代医長・教授としてスタートし、渥美敬先生が平成8年に整形外科の医長に就任され、平成16年より医長・教授として整形外科を牽引してこられました。そして平成27年8月より私が医長に就任し当医局の責任者として運営させていただいております。
    整形外科は主に運動器疾患を扱う科であり、四肢の各関節、脊椎等携わる分野は多岐にわたります。当医局では股関節、肩関節、膝関節、脊椎、スポーツ、小児整形等の主な分野のエキスパートが存在します。そのすべての分野で良好な臨床成績を得ており高い評価をいただいています。昭和大学藤が丘病院と昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の2つの病院にまたがり、年間1400例を超える手術をこなし、多くの患者さんの診療にあたり活動しております。神奈川県での中核病院の整形外科として地域の医療に多大な貢献ができていると自負しております。
    昭和大学には旗の台の昭和大学病院、横浜市北部病院、江東豊洲病院、そして当院と4つの主となる病院が存在し、横浜市北部病院、江東豊洲では旗の台の医局と共同で診療、研究に携わり、ALL SHOWAの理念のもと活動する場が広がっています。
    高齢化社会が進み変性疾患や外傷の治療や研究、さらにはロコモティブシンドロームのように活動性の低下する状態の予防に至るまで、整形外科領域の課題は多く存在し、それらを解決すべく人材の育成や組織の強化を行い地域医療に貢献できる医療を目指し、医局員一同さらに研究、診療に力を注いでいく所存です。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30