ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 小児科 > 小児の専門外来

小児の専門外来

アレルギー外来

   神奈川県立こども医療センターアレルギー科での専門研修を終えた日本アレルギー学会認定アレルギー専門医(小児科)が担当いたします。
   食物負荷試験・経口免疫療法が必要な食物アレルギーのお子さん、治療に難渋する気管支喘息・アトピー性皮膚炎のお子さんを近隣の医療機関から広く受け入れます。
   初診をご希望される患者さんは、かかりつけ医からの紹介状をご用意ください。小児アレルギー疾患の患者さんは第1・3・5週の金曜日午前中に初診枠を設けております。紹介状をお持ちの患者さんは地域医療連携室から初診の予約を取ることができます。

食物アレルギー

   「食事」は我々の生活の最も基盤になり、これが障害されることは、お子さんならびに保護者の方に多くの負担が強いられます。乳幼児の食物アレルギー有病率は5-10%とされており、社会的にも問題になっています。
   従来の「疑わしければなんでも除去」の方針では、食物アレルギーは減るどころか、年長になっても重篤なアナフィラキシーを起こすお子さんは増えています。また、医師によって指導が異なるため、保護者の方のみならず保育や学校の現場は混乱してしまっているのが実情です。
   ガイドラインでは、「正しい診断に基づいた必要最低限の除去」を推奨していますが、実際の現場では血液検査(特異的IgE抗体)やプリックテストに基づいた「不適切な過剰な除去」が蔓延してしまっています。

   当科では、積極的に食物負荷試験を実施し、正しい診断をすることを目指します。また、必要に応じて専門医が実施する緩徐経口免疫療法(外来・自宅で少しずつ食べられる範囲を広げていく)を提供します。現状では、急速経口免疫療法の実施予定はありません。

アトピー性皮膚炎

   日本皮膚科学会による診断基準を満たすにもかかわらず、乳児湿疹と診断され、適切な診断・治療がなされていないことがあります。かゆみがあるような乳児湿疹が強かった方ほど食物アレルギー発症率が高いということは実証されており、実際に、食物アレルギーの症状で来院する方は、「赤ちゃんのときの乳児湿疹が ひどかった」とおっしゃる方がほとんどです。この考え方は「経皮感作」として近年広く受け入れられています。
   このように、食物アレルギーのみならず、アレルギー疾患はすべてスキンケアによるバリア機能が良好な皮膚を保つことが重要です。

   当科ではガイドラインに基づいて、ステロイド軟膏・タクロリムス軟膏を使用します。多くの誤解がありますが、これらの軟膏は正しく使用すれば副作用はまず心配ありません。ご不安な方には極力時間をかけてお話することを心がけます。

気管支喘息

   病態は気道の慢性炎症であり、治療の中心は吸入ステロイドとロイコトリエン拮抗薬になります。年少児では、客観的評価が難しく、症状でコントロール状態を評価しながらお薬を調節します。年長児では客観的評価として呼吸機能検査を行います。

   当科では、ガイドラインに基づいて重症度を正確に評価し、良好なコントロール状態を保つように積極的に吸入ステロイドを使用します。

アレルギー性鼻炎

   スギ花粉症・ダニの通年制アレルギー性鼻炎は、鼻や目の症状に加えて、学業や睡眠などQOL障害をきたし得ます。本邦では、12歳以上を対象に2014年度秋からスギ花粉症に対する舌下免疫療法が認可され、2015年度にはダニの経皮免疫療法エキスが認可されました。

このように今後のアレルギー診療は、その根本的治療である免疫療法が中心を担っていく時代になります。当科では対応を検討中です。

血液外来

   当院小児科は小児血液・がん患者さんを数多く診療しているのが特色です。また、日本小児白血病リンパ腫研究グループ (JPLSG) に参加しており臨床研究、基礎研究にも積極的に取り組んでいます。小児血液専門外来では、当院で治療を受けこれらの病気が治癒、又は入院治療が終了したお子さまの経過観察(フォローアップ)や外来治療を中心とした診察をしています。
   その他、鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの血液良性疾患の診断、治療もしています。
   血友病に対しては、診断および血液凝固因子製剤の補充療法を行っています。

<小児血液・がん患者さんは下記の理由で定期的な通院が必要です>
・ 入院治療を終了してもお家での内服治療や、通院して点滴での治療が必要な事があります。
・ 病気が治癒しても、残念ながら一定の割合で再発することがあります。再発を早期に見つける為に外来で定期的な検査 (血液検査や画像検査など)をする必要があります。
・ 抗がん剤治療や放射線治療によってお子さまの体に様々な影響 (晩期合併症)が出ることがあります。具体的には、低身長、ホルモン分泌不全、心機能障害、腎機能障害などです。定期的な診察によってこれらを早期に見つける必要があります。小児科には内分泌外来、循環器外来、腎臓外来などがありますので、必要な場合は各外来と併診して診察します。晩期合併症は、治療終了後、少したってから起こることがありますので成人になるまで定期的な通院が必要です。
・ 造血幹細胞移植療法後に慢性GVHD (移植片対宿主病)が起こる事があります。慢性GVHDに対しては、ステロイド剤や免疫抑制剤による治療をする必要があります。
・ 抗がん剤治療や放射線治療によって別のがん (2次がん) を発症することがあります。早期発見の為にも定期的な通院が必要です。
・ 小児血液・がん患者さんは病気が治癒しても、心や身体に対する様々な不安があることがあります。又、復学や就業への不安などもあります。これらの漠然とした不安などについても定期的に通院してもらうことで対応が可能です。

   当院には小児血液・がん診療に携わる多くの医師が在籍しています。セカンドオピニオンも随時受け付けておりますので、お子さまの病気に対して分からないこと、不安なこと、他の意見も聞いてみたいなどがございましたら診療情報提供書をご持参の上、受診してください。

   小児血液・がん診療は医療チーム全体で診療にあたることが大切です。当院ではスタッフ一同、全力で小児血液・がん診療に取り組んでいます。ご不明な点などございましたら遠慮なく小児科外来まで連絡してください。

<近隣のクリニックの先生方へ>
血液の病気が疑われるお子さまがいらっしゃいましたらご紹介ください。
その他、お困りの事などございましたら小児科外来までご連絡いただければ幸いです。

腎臓外来

   腎臓グループは、腎臓・膠原病・泌尿器疾患の診療に従事しています。横浜市北部のみならず、町田市、大和市からの患者さんも多く受け入れています。
   主な対象疾患は、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎臓病、先天性腎尿路疾患、尿細管疾患などで、数多くの診療・治療経験を有しています。
   腎疾患の糸球体腎炎、ネフローゼ症候群は、小児腎臓病学会のガイドラインに準拠した標準的な治療を基本とし、難治性ネフローゼ症候群に対してはリツキシマブ療法などの治療も積極的に行っています。診断目的や治療効果の評価目的等も含め、年間20件前後の腎生検を行っています。
   急性血液浄化も腎臓グループの担当です。急性腎障害、溶血性尿毒症症候群等の腎疾患に加え、血液疾患によるGVDH、VODの血液透析や血漿交換療法等を含む様々な血液浄化療法を年間3~5名の患者に実施しています。急速血液浄化療法は腎疾患に留まらず、様々な免疫疾患の治療に応用可能な技術です。
   泌尿器疾患は夜尿症、昼間尿失禁などの下部尿路症状、膀胱尿管逆流症等の先天性尿路奇形も数多く診察しています。特に夜尿症、昼間尿失禁は神奈川県内のみならず全国、さらに海外の患者さんも積極的に受け入れており、日本有数の診療経験を有しています。医療行政との関わりとしては横浜市の学校検尿の判定委員会を務め、腎臓病の早期発見と早期治療に力を入れています。
   腎疾患の研究では、当院と横浜市立大学小児科、神奈川県立子ども医療センターの市内3施設が中心となって、ネフローゼ症候群等の最新の治療法に関して定期的な勉強会(横浜小児腎研究会)をおこない、活発な意見交換と臨床共同研究をしています。
   尿路感染症、泌尿器疾患の研究では、聖マリアンナ医科大学、昭和大学横浜市北部病院と研究を実施しており、特に膀胱尿管逆流症、再発性尿路感染症の多施設共同研究を実施し、学会等で積極的に報告しています。
   現在、腎臓グループには、4名以上の医師が所属しています。近年、若手の医師が増え、教育に力を入れています。このような豊富な臨床経験、学術的な探求を通じて、腎臓病、泌尿器疾患を持つ患者さんに最良の医療を提供できるよう日々努力を重ねています。

<スタッフ>
池田裕一准教授   日本腎臓病学会専門医・指導医、日本夜尿症学会常任理事、
                            日本小児腎臓病学会代議員、日本小児腎臓病学会専門医部会会員、
                            日本小児科学会専門医
渡邊常樹助教    日本小児科学会専門医、日本腎臓病学会専門医、
                            横浜市学校検尿判定委員、日本夜尿症学会理事
布山正貴助教    日本小児科学会専門医、日本腎臓病学会専門医、
                            横浜市学校検尿判定委員
平林千寿助教
大貫裕太員外助教

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30