小児科


診療科長・准教授
池田 裕一
   1975年7月に開院以来、当病院小児科は、単に疾病を治すだけでなく、「ご家族とともに子供そのものを守る科」と位置付け、「診て治す」のみならず、お子様に関する全ての病気の相談も受け付けています。
   主たる対象疾患は感染症や呼吸器疾患をはじめとして、血液、腫瘍性疾患、小児がん、腎泌尿器系疾患、内分泌代謝性疾患、循環器系疾患、膠原病等で、小児科専門医を取得後、各分野で臓器別の研修を積んだ専門医や指導医の資格を有した医局員により診療が行われます。さらに、昭和大学付属4病院の小児科が密接に連携して、全ての診療レベルの向上に努めています。
   専門分野別診療では、藤が丘病院小児科発足以来、小児血液・がん患者さんを数多く診療しています。また、日本小児白血病リンパ腫研究グループ (JPLSG) に参加しており臨床研究、基礎研究にも積極的に取り組んでいます。小児血液専門外来では、当院で治療を受けこれらの病気が治癒、又は入院治療が終了したお子さまの経過観察(フォローアップ)や外来治療を中心とした診察をしています。腎臓膠原病グループは、腎臓・膠原病・泌尿器疾患を横浜市北部のみならず、町田市、大和市からの患者さんも多く受け入れています。診断目的や治療効果の評価目的等も含め、年間20件前後の腎生検を行っています。泌尿器疾患は水腎症、膀胱尿管逆流、排尿障害などの下部尿路症状を数多く診察しています。特に夜尿症、昼間尿失禁は神奈川県内のみならず全国、さらに海外の患者さんも積極的に受け入れており、日本有数の診療経験を有しています。また、内分泌疾患、循環器疾患も経験豊富な複数の医師に支えられて診療を行なっています。
   藤が丘病院小児科は地域の医療機関との連携を大切にして、二次、三次医療機関として質の高い小児医療を提供すべく、医局員全員で頑張りたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30